ごめんねジュビリー

La La Love NCT DREAM THE DREAM SHOW

【12/17更新】SNSを通じた誹謗中傷について一緒に考えてくださいませんか?ーPRODUCE 101 JAPAN を通してわたしが思ったこと【署名継続中】

 

※今までお寄せいただいたご意見・ご助言につきましてはこちらのエントリにてご返信致しております。この度は、ご助力をいただきまして、誠に有難うございました。引き続き、何卒よろしくお願い申し上げます※

 

こちらのリンクよりキャンペーンにご協力いただけますと幸いです

chng.it

 これは、アイドルをスキなわたしによる、アイドルを応援している皆さんアイドルかどうかは関係なく「誰かが傷ついていること」に対してモヤモヤを抱えている皆さんへの、どうかお力を貸していただけないかというお願いです。

(問題提起)SNSなどで練習生たちに対する誹謗中傷が続いている現状

当エントリ作成の契機


韓国人練習生3名(キム・ヒチョン、キム・ユンドン、チョン・ヨンフン/※敬称略)がサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」(略称:日プ)から辞退

事実経過

2019年11月28日

・キム・ヒチョンは一身上の都合により辞退を申出、運営は本人の意向を尊重し当該辞退の受入

・番組への応募資格違反についての説明(「国籍」に基づく兵役・渡航制限に関する回答)

2019年12月5日

・キム・ユンドン、チョン・ヨンフンは2人からの辞退の申出を受け、運営が2人と話し合いを重ねた結果、本人たちの意向を尊重し辞退を受入

・各種SNSにおける一部実名で事実無根の心ない誹謗中傷の投稿への注意喚起

 

※2019年12月11日:公式より練習生の事態についての言及※

ー唯一の韓国人練習生でK-POPグループHALO(ヘイロ)の元メンバーであるキム・ヒチョン、キム・ユンドン、チョン・ヨンフンが揃って辞退したことに対して質問が寄せられると、「別に僕らがわざとそうしている(辞退させた)という訳ではなかったと思いますし、SNSとか色々なことがありまして、できる限り僕らも最後まで一緒に行こうという説得を最後まで最後までやったのですが、彼の意見を重視しまして、棄権を受け入れたという形です」と経緯を説明。

「PRODUCE 101 JAPAN」運営、韓国人練習生辞退に言及 JO1の活動期間は?所属は? - モデルプレスより

 

実際に存在した差別を含む誹謗中傷の一例(友人とTwitter検索によって確認できた例)

「韓国人ってことは練習生の応募条件を満たしてるって言えないんじゃないの?デビューしないで欲しい!

兵役で活動できない期間があることでグループに迷惑がかかる。だってもし彼らがデビューしたら他のメンバーが穴埋めしないといけない事になるじゃん」

「人気のあるKPOPグループでも韓国籍というだけで日本人にこれだけ叩かれてる、韓国人がいるだけでグループ全体が嫌われるから国民的アイドルになれない。デビューしないで欲しい!

嫌韓の人々から誹謗中傷を受けることになるんだから日プからデビューしない方が本人のため。だから脱落して欲しい


…当該練習生3名が「韓国人であること」を理由にした誹謗中傷の存在

 

…その他にも…実際に存在した差別を含まない誹謗中傷の一例(友人とTwitter検索によって確認できた例)

…「○○いらない/脱落しろ」の他にも

・文脈を切り取った発言/行動を根拠にした(憶測による)人格否定を含む誹謗中傷

「(キャプチャ画像とともに)こういう顔してて性格悪そう。デビューしないで欲しい

・事実無根の情報に基づく誹謗中傷

「△△が言ってたんだけど〇〇練習生って⬜︎⬜︎らしいよ(事実無根の情報)。人間としてどうなの?デビューしないで欲しい

・容姿への誹謗中傷

「顔がブス」「ふさわしくない」「気持ち悪い」

⇨いずれも、視聴者側の人権意識の希薄さからくる誹謗中傷では?

 

ファンに何が出来るのか?

日本において、アイドルやアイドルを目指す練習生が、守られていない感じのヤなことが起きた!そして今も起きている!これを見過ごしていいのか?という問題提起

⇨現時点で、運営によるこれ以上の説明はなく、憶測のみが広まっている。

※2019年12月11日付で、練習生の辞退について「出来る限りの事をした」SNSとか色々なことがありまして」という公式からの言及がありました(上述)

 

韓国籍練習生に対して、差別に基づく誹謗中傷が存在した(している)。

(運営による言及、誹謗中傷に関する注意喚起の事実)

⇨また、練習生のいずれもが誹謗中傷に晒されている現状がある。

⇨現状:誹謗中傷から彼らを守れていない。運営・視聴者側ともに限界がある。

⇨でも声をあげないのはモヤモヤする!誹謗中傷が少しでも減るように働きかけたい!

⇨ファンにできる精一杯のこと:共通認識を形成し、誹謗中傷を容認する雰囲気を変えてゆくこと

「意識改善を行う意思がある」・「意識改善が必要だなと感じる」人たちの声を集めて、視聴者側にそのような共通意識が芽生えていることを可視化する

⇨ひとりの声だと届かない可能性があるから、多くの声を集めたい!

 

 したがって、アイドルコンテンツ界隈における、以下の共通認識の形成のために、皆さんのお力をお借りしたいです。

運動の目的 

⇨運営・視聴者が共に「アイドルのこれから」について考え、対策を取るという共通認識の形成

ー具体的にはどのような共通認識?

・国籍などに基づく差別、その差別に基づく誹謗中傷が「インターネットを通した人権侵害」であるという認識

これから行える限りの最善の対応と再発防止について考え、その考えを実行に移していこうという認識

 

ーそのために取る手段は?

(第1段階)署名運動:個人レベルの声(問題意識)をパブリックに投げかけ共通認識を形成する

見込める結果⇨当該コンテンツに関わる視聴者側の「誹謗中傷に対する意識改善の必要性」という共通認識を形成する

 

(第2段階)運営へのお問い合わせ:形成した共通認識を提示する

運営に共通認識を提示することを通じて「誹謗中傷などの人権侵害についてこれからも最善を尽くすという姿勢が、視聴者のニーズに応えることになる」という提言が行えると考えています。

 

そしてたとえ…今回の運動の結果・効果が充分でないとしても…

⇨パブリックのデータに残る(次に繋がる・諦めないことが肝心)

ご協力のお願い

chng.it

※前エントリからの変更点はブルー+下線となっております。

要求:「PRODUCE 101 JAPANの練習生の辞退ならびにSNSなどにおける誹謗中傷についての共通認識を形成します!」

宛先:PRODUCE 101 JAPAN 運営事務局(CJENM/吉本興業),株式会社LAPONEエンタテインメント

 

こちらのリンクよりキャンペーンにご協力いただけますと幸いです

chng.it

目標人数:300人(当エントリ/署名運動へのアクセスを予想し期待できる数値)

 

補足:引き続き、こちらにて今回の運動に対するご助言・ご意見を募っております。署名運動に関しましては、目標人数に達し次第、署名活動(Change.org)のリンクと共に、一度運営にお問い合わせフォームを通して、デビュー組ならびに元・練習生に対して視聴者側の意識をお伝えしようと考えております。

期間:現時点ではJO1デビューまでを目処に考えております。ですが、何かご意見等ございましたらお気軽にご連絡くださいますと幸いに存じます。

 

…もし拡散をしていただける場合は…

①キャンペーンページのシェアリンクをSNSなどに共有

②(できれば)その際にハッシュタグ#日プ署名」を追加

③(できれば)複数回・継続して共有していただけますと幸いに存じます!

 この問題をここで見過ごしてしまえば、またアイドルやアイドルを目指す練習生が傷つき悲しい選択を選ぶ事態が確実に繰り返されます。わたしたちにできることは少ないですが、そのなかで最大限のことをしたいと考えるようになりました。

 今回取り上げた3名の練習生を含むすべての練習生に対しての誹謗中傷は依然として続いています。人権はすべての人間に認められた権利であり、国籍による差別、そして差別いかんにかかわらず誹謗中傷という人権侵害行為は、許されることではありません。ですが、現行の可能な対応策(法的措置)では充分に彼らに対しての誹謗中傷に対処することはできません。しかし、声にすることを辞めなければ、傷つくひとを救えるシステムが、それぞれのコンテンツごとに作られる日が来るかもしれません。

 そして、わたしがこのK-POP・J-POPに端を発する「アイドル文化」コンテンツの特性に鑑みて考えてきたことがあります。そもそも「PRODUCE 101」シリーズは、韓国の音楽番組によるサバイバルオーディション番組でした。現在、わたしたちの国・日本とお隣の国・韓国は料理、文学、ファッション、そして音楽(K-POP)に代表されるアイドル文化などでつながることができている部分があると思います。したがって、このような悲しい事態を放置してしまえば、せっかくこの文化の一端によって芽生えている我々のつながりが消えてしまう可能性があります。

 また、国籍などによる差別といった「二国間関係」の問題だけではなく、我々の国々はそれぞれが「女性の権利」といった人権に関する「国内問題」に直面しています。そのなかで、日本人である我々がアイドル文化から「人権問題」について考えることはどういう意味を持つのか。正直、わたしにも先は見えません。ただ、韓国からやってきた練習生が「デビューをしない」という選択をした現状がただしくないという意識は、韓国のひとたちと共有できる意識と考えます。だからこそ、 今このことについて考えることが、これから先、K-POP・J-POPのつながりを超え、本当の意味での隣の国との「つながり」を作り上げることに微力ながら貢献することになるのではないでしょうか。

 したがって、今ここで声にしないことが、せっかくの我々の「つながり」を断ち切り、断絶、さらなる悲しみや怒りを生むことにつながるという危険性をなくすためにも、身近なところからさまざまな「人権」を守るさまざなシステムが必要であること、そして、「誰もが誰かに傷つけられてはいけないこと」について考えていきたいと考えています。

 どうか、皆さんのお力をお貸しいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

Acknowledgements

 ここまで読んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。ふたたび、ふたりの友人に感謝を。今回も、お友達のつっこちゃん(はてなブロガー:phenomenon管理人)とあさくらちゃん(Twitterあさくら (@lolltw) | Twitter)にご助言やご協力をいただきました。本当にありがとうございました。

  そして、ふたたびのお願いとなりますが、引き続きこちらにて今回の運動に対するご助言・ご意見を募っております。何かございましたら、何卒宜しくお願い申し上げます。できれば、この件についてこれからもお力をお貸しくださると嬉しいです。

 

ー2019年12月16日 J.ラニーナ