ごめんねジュビリー

鉄は熱いうちに打て

選んだのはふたりぶんの祈り/メサイア -悠久乃刻-

 

 

は~~~こんばんは!ご無沙汰しております!SUMMER🏝!通り越してAUTUMN🍁

ぶっちゃけそういうテンションじゃないのはわかりきってるんですけどご挨拶はいつも通り行いたいラニーナですこんにちは!みなさんお元気ですかハウアーユーアイムファインセンキュー!

 

みての通りからげんきをこじらせてるんですけど頑張りますので、そうですね!ゴホン!「よろしくお願いしまァ~~~~~~~す!!!(CV.神木隆之介くん)」

 

あの頭の悪そうなエントリ(平成29年度校外学習のしおり~わたしと熱意の2週間~ - ごめんねジュビリー)から早(?)2ヶ月ちょっと!校外学習活動の一つであったメサイアシリーズについてご報告します。

てゆ~か「履修をし始める」とエントリを書いたのち気づいたら悠久のチケットを取っていた。しかもチケット探しはじめた時点では別に舞台作品の履修は進んでなかった(原典と映像作品アンドメサ展校外学習のみ)。

 

けれど!「折角このタイミングで悠久やるんだから!メサイアシリーズのことマジで何にもわかってないけどとりあえず銀劇をゴールにすればいいじゃん!うん、生に勝るものはない!ヨッシャ行くぞーーー!!!」そう決めたあの時のわたし、マジで正しいなと思います。そしてここで一番伝えたいのは、タイムラインで熱いハートをたぎらせながらプレゼンしてくださった大先生方への感謝です。ほんとにほんとにありがとうございました。メサイア・シリーズ全体に関するマクロな考察はさておき!とりあえず悠久!張り切っていってみましょ~!

 

希望とは選ぶことであり、願いは祈りにかえることができる/メサイア -悠久乃刻

 

f:id:qvq:20170914105818j:plain

messiah-project.com

 

あらすじ

僕らは立ちすくむ

悠久と終焉の白いはざまで 

 

白崎護卒業後のチャーチ。加々美は、再び身体を操られる可能性を無くし、サクラとして任務につくために脳内のマイクロチップを摘出する選択を迫られる。しかし、その手術を受ければ自身の「メサイア」である有賀に関するものも含めた直近の記憶を失ってしまうと言われ、答えを出せずにいた。そんな中、有賀が属していた闇の組織・第三の闇(サード・ニグマ)が活動を始めたことを機に、有賀と加々美には“ある人物”の暗殺が彼らの卒業ミッションとして言い渡される。その人物とはーーーーー 

 

観劇前のわたしのステータス:こんらん 

・鋼を鑑賞中随時「もういい」「もういいって!」「お前の言いたいことはわかったから黙って!!!」と有賀に画面のこちらから語りかけ続けるも当たり前に届かず間宮も喋りはじめ、動揺しているわたしを尻目に時計の針は非情にエンディングまで進めていったので自己防衛が働き記憶をなくす(願望)(な、なくせなかった・・・)

 

・鋼鑑賞直後に暁鑑賞開始。それが10日の午前1時半。は???当日じゃん???しかし視聴後鋼を超えるハテナを暁に抱えてしまったので4時に一応GO TO BEDするも朝7時に起きて2周目に入る。2周目でやっと納得する(???)

 

・そんな感じで暁を実質悠久観劇の1時間前に鑑賞し終わり、てゆ~か第2世代のすったもんだを超特急で履修してしまったためわけのわからない精神状態になる

 

・結論:個人的に暁が一番きつかったのでおうちに帰りたくなっている(開演15分前)

 

 

「こんな日が来るとは思わなかった」

この一節に、誰が、どの瞬間で息を吹き込むのだろう。開演前、パンフレットも読み終わり、イエローからピンクになった原典を開きながらそう思っていた。メサイアシリーズに共通する、「自分のメサイアを信じ抜くこと」。これは、根幹に「祈り」という概念が存在しているからだと感じてはいたものの、そこで改めて自分が無意識に使い分けていた言葉の違いを考えることになった。「祈り」と「願い」の違い。それは、「祈り」が他者をも含めた「願い」、自分という対象を超えるかどうかだということ。そこで気づいた。

信じることは、自分自身のための「願い」だけではない、他者への「祈り」によって完成される。

 

有賀を目覚めさせた、加々美の有賀に対する慟哭は、「お前の願いはなんだ」という問いかけだった。他者への祈りこそ、自分の願いを力にかえることができる。互いの願いを互いへの祈りにかえて、ふたりは、何度でも共に立ち上がることができる。

 

作品について・序

バベルの塔は"混沌"と「人間では届くことのない神の所業」を表している。

与えられた大きな世界をみることなく、一つになろうとする人間たち。そのために塔の建設を始めた彼らに、神は「異なる言葉」を与えた。そうして、「混沌」は完成し、人間たちはようやく世界へと散じることとなる。

"ワールド・リフォーミング"により、軍隊のなくなった世界。また、人間たちは"ひとつ"になろうとする。争いのない、平和で、平等な、世界へと。しかしそれはまさしく、再び「人間では届くことのない領域」へと近づくことを意味しているのではないか?

こうしてまた、人間たちは、それぞれの道を選ぶことになるのかーーー?

 

 

世界的緊張の狭間における軍事国家成立の声明、武器の存在、混沌。

めちゃめちゃ時流に乗っていますね。フツ〜にISILのこともなぞっているのかと思いました。

現実世界では、他でもない日本人の方が核軍縮に向けて動きを行なっています。

 

www.nhk.or.jp

米国調印の可否うんぬん・批判は山積みど〜たらこ〜たら・昨日も核軍縮会議があってなんちゃらかんちゃら・・・はま〜それはそれとして、こういった「現実の世界」へと肉薄するエッセンスを含んだ「悠久乃刻」、めちゃめちゃサイコ〜です。

舞台作品だけでなく、いろんなコンテンツはその都度、観客側に考えるきっかけを与えてくれます。それはわたしがこれ以降つらつらと書き連ねる「祈り」や「願い」や「希望」とは何かといった抽象的な概念の話はもちろんのこと、「現実世界のエッセンス」も同じくです。

作品とはそのような、わたしにとって「思考のための装置」です。同じ作品を味わっても、思考の引き出しにしまわれている要素は人それぞれで。だからこそ、いろんな人の感想がたのしめる。それを簡単に共有できる今の世界ってとっても幸せです。結局感じる主体は自分でしかなくてそれを忘れてはならない。けれど、いろんな人がいて、その人たちが、いろんなことを感じて考えてそれを言葉にしている!それが嬉しい!し、だから!作品そのものからも、作品をみていろんな人が考えたことからも考えるきっかけを取り零さないように、心がけていきたいなと改めて思います。わたしいきなりどうした!?いつもありがとうございます(各所に向けて)!!!

 

 

ふたりの願い/有賀のこと

映像作品から入ったわたしの有賀に対するファースト・インプレッションは、「う、うわ~~~この人、ぶ、仏頂面・・・そんで脚、長・・・人?」という中学生のクラス替え当初の感想みたいなものしかなかった。そうしたら鋼!そう鋼!!おまえ(鋼)だよ!!!鋼で「お前、そんなキャラだったの・・・」と有賀が喋るたびにびっくりして、そこからだんだん「あ、こいつ、肝心なところで言葉が足りないタイプの人間だ」「あ、あ~~~~~~~~~~~~~!!!(やっぱり・・・・・・)」という有賀ワールドに没入した。

 

わたしは、有賀がめっちゃ好きである(文豪感)。

そして間宮と有賀の、希望と絶望の対比をみた時、わたしは希望とはただそこに、光のように現れたりするものではないと悟り、そして悠久で加々美と有賀の対峙するまなざしをみて、希望とは「選ぶこと」だと知った。

希望はもがいてもがいてそうやって手に掴んで、そしてその手に掴み取ったからと言って、安心してはいけないのだ。常に、光り続ける希望などない。加々美は言った。

 

「人が死ぬって、大変なことなんだ」「人が死ぬって、大変で、悲しいんだよ」

 

人が死ぬことを「たいへんなこと」だと表した加々美。わたしはその「たいへん」という言葉が強く印象に残っている。加々美は「人が死ぬ」ってことだけじゃなくて、「たいへんで、かなしい」ってことが一体なんなのかを有賀に伝えたかったのだと思う。

 

「人が死ぬ」のと同じくらい、他人(ひと)を信じ続けることも、とっても苦しくて、おおごと。そう、たいへん、なんだ。だって、希望はずっと、希望のままだったりはしなくて、それがまばゆくたたえている光はすぐにでも、暗く濁って、希望ではなくなってしまうことがある。祈りだって、願いだってそうだ。間宮が「人がどうして殺し合うのか」という問いの答えを「人間が愚かだから」という理由に押し込め、心に焔を宿したように。

 

加々美は有賀の願いを知って、それがふたりのものになりますようにと祈った。世界のために、自分のために、そしてもちろん有賀のためにだ。だから願いは「祈り」になったし、ふたりはふたりの希望がずっと希望であることを選んだ。希望を希望たらしめる、そのために、彼らはもがくことを、抗うことを決めた。だからこそ、再び、武器を持って対峙したとき、魂を預けたそのひとと相見えるとき。そこに迷いは、存在しなかったのだ。

 

「こんな日が来るとは思わなかった」

この一言の武器は、これが加々美の自分の選択に対する、決意だというところである。しかし、自分の選択であることと同時に、その先を有賀にも託すものだった。

ゆえにこのフレーズを、あえてその存在をくっきりと示すように浮かび上がらせる必要性がなかった。

間宮の選んだ「君が俺を殺してくれ」とは違う、たった一瞬だけの重みをもつもの。

「これから先の選択はふたりで」という強い意志。そのためにお前と闘うと言う「救い」が、そこにはあったからだ。

だからこそ、銃を互いに向け対峙したその先を、「有賀を取り戻す」と見据える加々美を、わたしは有賀にとっての救い人だと思ったし、有賀も加々美の救い人たる結末が、すぐそこにあることを予感した。希望は希望として輝かせる必要がある。その選択をふたりはしたのである。

 

 

キャストーーク!「わたしは悠久乃刻ありがとう芸人です」 

有賀涼

何度も繰り返しになるので本当にアレなんですけど鋼から「ほんとになんなの!?」と彼に対して憤りと歯がゆさと放っておけないという感情の洪水がわたしの中に沸き起こり、それに呑まれてほとほと疲れ切っていました!今言語化したので自信はないんですけど多分放っておけないという感情で合っていると思います思われます違うなって思ったら訂正しますイエスマイロード*1

 

なんてったって、背負いがちだから、彼。だってぜ〜〜〜んぶ背負ってっちゃうんだもん。間宮のことも、ハングドマン・シンのことも、いつきのことも。だいじな人たちに銃を向けるたびに有賀は、少しずつ死んでいく気持ちがしていたんじゃないだろうか。それでも、それを強さにかえて、かえるしかないって思って、いたけど。それを「痛み」と表したいつきが一緒にシンに銃口を向けてくれたから。その鎖を「痛み」と呼ぶことを許すように、「俺もお前の痛みを背負うから」って言ってくれるから。その時まで、有賀はどこかで自分の方が加々美のことを背負っているように感じていたとはわたしは思っていて。でも、あの時、ようやっとそんないつきのことを改めて違う思いで、肩を並べたというような思いで、有賀は受け入れた気がする。

なんかもう光差す感じでしか締めれないの逆に歯痒いんですけどほんと・・・なんと言ったらいいかわかりません。

 

だって絶対的ピンチの中で日常が続いていくサクラたちだよ。「救い」は甘い響き。甘すぎる。甘美。それを痛みと絆と祈りにかえて、有賀と加々美は飛ぶんだよ。

 

原典で大事にされている重みは「サクラがすでに一度死んでいる存在」という死の二層構造の部分です。戸籍も名前も持たない存在になったと言う部分を大前提として、舞台作品ではサクラ候補生たちの「メサイアとしてのはじまり・道程・結末」という大きく分けて3つのファクターを追っていく。

繋がりのなかったものたちに繋がりをつくる・誓いをたてさせるわけのわかんないルールであるところのメサイア・システムは、ある種「運命ではないものたち」の"運命的"な道程を見守るしかない部分があります。

第2世代の卵組は彼らの性質上、この作品の中で「結末」を重視されるべきふたりであり、悠久における有賀と加々美のふたりについては今までで一番運命的でない運命として3つのファクターを満遍なく描かれていたように思いました。

 

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!とりあえず!!!!!最初のロシア語喋ってる有賀EVERLASTING HIGHSPEC IKEMENという感じがしてヤバかったです。有賀!!!お疲れ様でした!!!

 

加々美いつき

あ、ありがと〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!(???) 

 

わたしは小畑健作画・ワイミーズチルドレンの加々美いつきこと杉江の大志くん(わたししか言ってない)のことが多分最初から好きだった。

 

暁を鑑賞したことで雲井・おじさん・蓮との関係性、彼にとっての「心のよりどころ」は今までもこれからも必要であることが明らかになり、それらを含めてただの生意気な髪の毛くるくるnaughtyボーイから有賀のメサイアとして関係を築いていく過程を見守っていたんだと言うことをようやっと認識。そしてそこで、なんだかわたしはこそばゆい気持ちになりました。端的に言いましょう。「加々美、かわいい」

・・・・・・。

 

今回、序盤で有賀が加々美をたしなめる時に「いつき、」と発した名前の"色"と「、」の部分、そして、有賀の記憶を取り戻そうとバイオリンをケースから取り出しながら何度も「りょーお、」と呼びかける加々美の"色"が忘れられないです。忘れられないってかわけわかんないですね。なんと言ったらいいか。

 

鋼を鑑賞してわたしは登場人物の中で有賀の心に、より踏み込まされた心持ちでいました。有賀が鋼でさらけ出した「彼の希望のはじまりの話」を直接知っているのは、同じく鋼の、あの板の上で、それを彼の意思によって聞いた人だけであるはずなのに、「え・・・わたし知ってしまったんだけど・・・」という罪悪感。なんでやねん。ほんとなんでやねんなんですけど、そこから、彼が「生きるために、人を殺し続ける理由」を一緒に背負った謎の心持ちで暁を超え、わたしはすっかり有賀のもつ「間宮への重いお気持ち」「人を殺すことに対する、自分の、自分だけの決意」「加々美にも銃を向けそして撃てなかったこと」「加々美を"いつき"と呼ぶため練習に励みイスンスン」これらの要素に対黒子ちゃんなドクタ〜すり〜よろしく脳を殴られてたんだと思います。

 

そして!だからこそ!わたしは加々美のことを、多分、どっかで、「えっと・・・わたしは何もできないけど、マジで、頑張って欲しい・・・」という謎のめっちゃ上から目線で観察/応援していたのかもしれません。わたしはま〜知ってるけど・・・加々美、有賀からちゃんと直接聞いた・・・?みたいな・・・。なんでやねん。わたし最悪な女なんですけど、このエントリ、大丈夫かな・・・。

 

わたしはそんな最悪な傲慢を抱えて、「信じるってことがどういうことなのか」を考えながら、銀河劇場の座席に座っていました。鋼で颯真が間宮に祈ったこと。有賀がネクロマンサーに操られた加々美を殺せなかったこと。信じることは祈りではないのか?ということ。そして、鐘が、鳴った。

鐘が鳴り響いて、そこに現れた加々美いつきは。

苦悩し、そして、選んで、走り抜けていった。

 

最初、自分が有賀の記憶をなくすことに怯え、苦悩し。有賀が囚われ、再び顔を合わせた時、自分に銃を向けたこと。自分を覚えていないこと。それらに対し、「自分が有賀の記憶を取り戻すためになんでもする」という選択をしていたことを、わたしは知った。知ることができたと思った。

 

でも、そのあと、加々美が「涼を取り戻すために」とバイオリンケースを携えて、歩き始めた時。有賀に撃たれ、よろけながら、バイオリンを取り出して「俺、練習したんだ、」「涼の心に空いた穴を埋められるように、」と途切れ途切れにのたまう加々美を知って、わたし全然わかってなかった、わたしはなんて最低なんだと自分に対して思ったんですよ。加々美は有賀に大事なことを聞けなかったんじゃない。聞かなかった。聞かなくても、わかってると思っていた。そして、加々美は「有賀の記憶」だけじゃなくてもっともっと大事な「有賀の根幹」を埋めようと、ずっと考えていて。だから「有賀の今のメサイア」である自分一人じゃ"有賀"を取り戻せないかもしれないと思った時、バイオリンケースを持って、有賀の前に現れたんだ。加々美は、間宮のことでぽっかり空いた有賀の胸を埋めるために、そもそも、バイオリンを練習・・・してたって・・・マジか・・・。これがメサイアか・・・。

 

「有賀涼」、「お前は誰だ」。そう、何度も、有賀に叫ぶ加々美を眼前に、おんなじ言葉を繰り返す有賀に、嗚咽を止められない自分がそこにいて。でもなんで泣いているかって言ったら有賀が、加々美の言葉で、自分を取り戻すってわかったからです。加々美のほんとうに欲しい答えを有賀はちゃんとくれるって、予感を与える流れがそこにあったからです。

加々美の「バイオリンがなくちゃ」ってこたえはある種正しかったけど、自身を取り戻した有賀の「お前のメサイアだ」の方がもっと正しかった。そして、加々美がちゃんとそれを望んだことも含めたその全てが正しい気がして、それがわたしは嬉しかったんだ。

 

自分のメサイアを信じた上で、自分が、有賀が、互いに互いの希望でいられるように選択をした加々美とそれにただしく呼び戻された有賀。あえてわたしはこれを、"ただしい"と表すことにします。

 

わたしは、加々美いつきが大好きです。最後のふたりの場面も、加々美は有賀のために現れた、有賀だけのひかりだったよ。

 

 (ただし、依存性パーソナリティ障害、テメーはダメだ) 

加々美いつきくんのいとおしさ、わたしのマインドの非人間係数をめちゃめちゃ跳ね上げてきたのでエリミネーターが作動しちゃうと思いました。まだ死にたくないです。

お疲れ様でした。だいすき!!!

 

 御池万夜

まよさま。まよくん。まよちゃん。まよまよ。そろそろフツ〜のテンションに戻りたいんで元気にやっていこうと思います!まよちゃ〜〜〜ん!ラニーナだよ!この前はありがとう!(???)

 

文庫を劇場購入しまよちゃんの短編を読んだのですがその時点では「ほ〜う、いかにも!御神体的〜〜〜!」としか感じませんでした*2。が、20分後、悠久開演。ちょびちょび出てくるまよちゃん。出てきては悪態をつくまよちゃん。あまり強い言葉を遣うなよ弱く見えるぞまよちゃん。ん?弱・・・脆・・・?

 

自分のメサイア発表(まよこたじゅんじゅんがここで大仰に整列アンド気をつけしたのかわいか〜)で当たり前(観客とゆ〜こっち側の感想)にこたくんと組まされて「僕以外だったら誰でも良かったのにね?」とか言ってるの聞いて「まよちゃんの絶望ってなんだろ?」と疑問に思いました。悠久を終え、まよちゃんの絶望はわかんなかったけど、まよちゃんにとっての救いが何かはわかりました。「こたろ〜くんによる赦し」ですね。そしてその「赦し」とは「死」である。ここで一句!

 

ふざけんな 赦しが死である そんなこと あってたまるか メサイア悠久(字余り)

 

季語はメサイア悠久です!!!!!

 

(・・・)

(・・・・・・・)

(・・・・・・・だいぶ頭が悪い)

 

気を取り直して。

まよちゃんが、彼にとって最悪で最高の赦しを、こたくんによって与えられますように。

かつて神の依り代であったひとにとって、しあわせな皮肉が訪れることを願ってます。まよちゃんのこと、すきだよ!

 

柚木小太郎

こたろ〜くん。こたくん。こたこた。こたろ〜くん、正直イマイチつかめてません!まよちゃんと並んでる時正直「キーキー言ってるイタちゃん(南)の隣にいるひと、いつおそロシアになってしまうのか・・・」というほんと最低な気持ちを2回ぐらい覚えてました(嘘です)(あ、ロシアだ・・・くらいでした)(あとご結婚おめでとうございますは思ってた)。

 

こたくんは、誰であろうと、救っちゃおうとするような、強さであり弱さを持っているようです。それは、少し有賀に通ずるところがあるやもしれません。でもこたくんの"フツ〜の頑なさ"は有賀のもつ「強さ」とは全く異なるものだなと思います。そのフツ〜(相対的)ゆえの頑なさがまよちゃんの目を醒まさせるがいいよ!ハッハッハ!って感じです。

 

神はいない。柚木の思う神はもうこの世にいない。彼は、神のいない世界で、誰を思い、祈るようになるんだろうか。まよちゃんの「僕は君に殺されたい」という願いによって、彼自身がまよちゃんのかみさまみたいなひとになっちゃったりするんだろうか。弱くて優しい青年は、「赦し」を願うまよちゃんのことを見捨てられずきっと悩むし迷うと思います。そしてこの場合の"迷う"は赦しを与えて"あげる"ことです。もともと、まよちゃんの望む"赦し"をあげるような心持ちをこたくんは持ち合わせていなさそ〜だからさ(それがフツ〜の頑なさ)!さあ迷うがいいよ!青少年!ふたりのはなし、たっのしみだ〜〜〜!張り切っていきます。

 

小暮洵

じゅんじゅん。じゅんじゅん。じゅんじゅん。あだ名は、提案したもん勝ちやもんね(ウケてる)。

 

じゅんじゅんさんは自身の起源をお探しになる過程でいっち〜にBANG!されたりいっち〜にBANG!されたりはたまたいっち〜に(耳打ちBANG!)されたりしてました。

 

「君は私です」的なことを言われた時の見てる側の無力感有り余ってませんでした?「驚愕」の面持ちのじゅんじゅんを残してはける係長。注視するわたし。颯爽と現れる雛森ムダにイケメンクソ野郎*3

 

めっちゃじゅんじゅんのこときになるけどまだまだ情報と印象が少ないから『保留-PENDING-』のハンコを押してるわたしの気持ちを係長には考えて欲しいです。あとは単純に雛森とうまくやっていけるか不安です。自分と雛森の仲より、雛森と係長の仲をあわあわ取りもつ感じになっちゃったらどうしよう。まあないけど。雛森と係長の中間管理職にならないでください。

 

雛森千寿

雛森。せんじゅ。ひなちゃん。ふざけんな(いっけ〜〜〜さ〜〜〜〜〜ん)!!!!!

 

3人しかいない第3世代の「2017年(じゅんじゅんぼっち)問題」を解決するため現れたダーク・ヒーロー、その名も「ムダにイケメンクソ野郎」・・・。ずるい。え?ずるい。何がずるいって黒子っちと同期でキャットファイトすんのもずるいし、ドンドコ一嶋係長に絡んでくのもずるいし、最初にメサコート着崩してんのもずる〜〜〜〜〜〜い!!!

 

今のところ雛森に「ずるい」以外の感情はないです。こちとら加々美いつきがかわいいんじゃ(???)じゅんじゅんとどう関わっていくのか、過去も楽しみですし、もれなく一嶋愚連隊よろしくじゅんじゅんと徒党を組んで係長に絡んでいけばいいと思います。ワ〜〜〜〜〜〜〜イ!!!

 

Dr.THREE

 ヨッ!苦労人!

黒子っちに殴られ続けて脳細胞の死滅が再生に追いついてなくない?大丈夫?終始。終始ね。最後の黒子っちからの無茶振りにも「毎回 違うこと やらせる」って若干カタコトでほんとお疲れ様ですって感じでした。加々美に手術のリスクを説明して、「お前の選択次第」って言うところすき。その後も黒子っちとコンビで指令出したり色々とありがとうございました。すみませんご苦労おかけ致しますとのし付きでお菓子でも送りたいですがわたしはサクラ候補生のお母さんではありません。

 

黒子

 あ、あいしてる・・・。パンフで「ヒロインとして、母として」の黒子に言及して、ちょっと立場変わるよとかゆ〜てたけど、ちゃんとヒロイン兼母現役でこれからもい続けてくれてるよ・・・最高!それでも、これからはトップとしても、よろしくお願いしまァ~~~~~~~す!!!バベルの説明の時、加々美のこと「トイプーあらためチャウチャウ」と表現してくれた御恩は忘れません。黒子っちがサクラ候補生のお母さんです!ヨッ!日本一の母!ヨッ!

 

サリュート

サリュートのくるくる回ってナイフをズサズサ刺していく感じすきですね。

サリュートが属している組織のこと、お父さんのこと、そしてサリュート自身のことが少しずつわかってきました。

 

「いつかこの地獄にも、光はさす」 、サリュートが最後に残した新たなスパイラルの先。敵はいなくならないんだな。サリュートのみた地獄を、サリュートが望む光を、教えて・見せて欲しいです、死なないで(本音)!!!

 

加々美のいつきくんに殺されることにドワ〜〜てなってるチェ・雲井蓮がサリュートの方をみた時、階段に座りつつ「こっちにもいるからね」的におてて振ってんの「逃げらんないとおもうよ」なのか「ば〜いばい」の意なのかめっちゃきになる。あと加々美くんのことありがとうございました。わたしは彼は願いより祈りに近い思想を持っているひとなんだろうな、と思います。でもわたしは、サリュートの願いのことを聞きたいです。ほんとだよ!ジェ武さんのこと初めて生でみたんやけど「これが高尾ちゃんか・・・」と今となっては思いました(その時じゃないのかよ)。

 

 スーク

み、みやこ〜〜〜〜〜〜(号泣)!!! 違う!!!

スークへのファースト・インプレッション「この子、わたしの知ってる限り最高に雑魚っぽいセリフをお見舞いしてくるな」

 

でも、スークは、わたしが思っているより、やさしく、熱いひとな気がした。

サリュートはわたしが思っていたより、静かな闘志のひとだったし。

スークは、サリュートに感化されて変わっていくのか?おぼっちゃまみたいなそのあま〜い思想が、自分の生きる世界の別の色を見てどういう選択をするのか?ワクワクしますね。「しょうがねえな」と思いながら、サリュートの見たい光を一緒に追っかけていく気がしてなりません。死なないで!!! 

 

チェーカ

死んじゃった!!!(おいおい)

顔がいい・顔がすき・でもすぐ死にそうのわたし的ツボを三拍子耳揃えてもっていらっしゃった雲井・チェーカー・おじ・蓮(ミドルネームが増えた)。

暁であっけなくサリュートくんにヨイショ(多義)され、ドボンし、「期待を裏切らない男だな」と思わせてくれたチェ・雲井蓮。

そんな彼(褒めてない)はたいへんなものを冥土の置き土産にしていきました。そう、「依存性パーソナリティ障害」・・・。

ちょっとま〜加々美くんに関するそれは置いておきまして、おじさんの話をするんですけど、おじさん、ネクネクネクロマンサ〜及びその後継システムで加々美くん(身体)に言うことを聞かせなくても"いつきさえ「オッケ〜⭐️」って言って俺の元に来ればノープロブレム"みたいなニュアンスで加々美くんを煽って(勧誘して)た気がするんですけど、やはり忍びないお気持ちはあったんでしょうか。

わたし「え・・・無さそう・・・」

わたし的にメサイアシリーズの作品内「ムダにイケメンクソ野郎」枠はチェーカーおじさんただ一人なので無い方が嬉しいんですけど、ちょっとその「いつきを少しは可愛がってたよ」な余白を残していく感じムカついてます。それでも、一嶋係長に楽しかったって言ったり、色々と憎めない部分はあったのでまた色々考えたいです。まあ全然おこだよね?わかる〜?やっぱ〜?ハイッ『PENDING』!!!

 

ハングドマン

う、うえ〜〜〜〜〜〜ん!そういうのいいよ!!もうやめてよ!!!有賀にこれ以上背負わせないでよ!!!!こっち来ないで!!!!!

率直な感想ですいません。けれど、ハングドマン、わたし的MVPです(マジかよ)。この人が一番時流に乗ったひとでした。

 

序でも触れましたが序では言及してない方の隠喩についてお話しします。バベルの塔って「神の怒り」、作中で言えば「鉄槌」じゃないですか。それはハングドマン自身にも降りかかることを、最後にはわたしたち観客も理解する。でも、そもそもの創世記におけるバベルの塔の解釈の一説としては「(人々の言語を乱したことによる)混沌」とは「技術革新に対する人間たちの過信」への戒めがあって、それは"世界"に対してハングドマンが与えたかった鉄槌ですね。ハングドマンはこの場合鉄槌を"与える側"だった。そして、それは叶わなかった。ま〜ハングドマンはどちらにせよ人間なのだから与えるという行為自体、叶うことがないという解釈もできるのですが。

 

けれど、ハングドマンは自分の魂、思想のために死んだ。これは神が鉄槌をハングドマンに下せなかった証です。鉄槌を"与えられる"側として、ハングドマンが屈することはなく、彼は自身の魂を守り抜いたんだな、と思います。つまり、「魂」に神は鉄槌を下せません。それが現実世界においても怖いところなのです。実際にハングドマンのように、自身の思想のために、その身を捨てることを厭わないひとたちは多くいて、そのひとたちによってこの世界は今、確かに脅かされている。科学技術に鉄槌を下すことはできても、人間の精神・魂に、そのある種不条理で、圧倒的な力を用いることはできない。だからいつでも、争いは起きる。

 

ハングドマンの有賀への感情は「同志」を想う気持ちでした。有賀は彼にすまなかったと謝った。「お前をひとりにしたこと」。そして有賀は自分で「希望の先」を選択した。その先にいたのは、ハングドマンではなくって。有賀はハングドマンをつなぎとめることはできなかった。ハングドマンは崇高なる自分の目的のためにその命を捧げたんだな。そこがハングドマンと間宮の違いでもあります。間宮は最後、思想のためにではなく、願ったから。

 

 みつさんの超絶いいオーラ、生で感じられてよかった〜!キューティクル係数未知数天元突破なあの髪を何度かオペラグラスで覗きました(???)

 

小星鉄・東間遠矢

ウ〜〜〜〜!ニコイチ⭐️(マンボのリズムで)彼らふたりの島を出た言い分聞いてて「最後サクラ新入生になったらどうしよう・・・え・・・第3世代の掘り下げまだだからあとちょっと待って・・・」って思ってたらちゃんと「あとちょっと待ってくれた(PENDING)」ので五体投地しかけました。しかもフラグ残ったままなのウケる。本当にPENDINGなのかな〜入っちゃったりするのかな〜。青いひっらひらのお衣装とお互いの超絶信頼関係垣間見えたのが印象的です。「ウッ」ってなってました。 

 

一嶋晴海

あ〜!マイクテストマイクテストワンツーワンツー・・・あー・・・よし。

 

チャーチ箱推し圧倒的TOのいっち〜さん(ツイッターアカウント名)本当にありがとうございました!!!!!

 

パンフ読んで「一嶋のチャーチ愛とくと見せたるで♡(※意訳)」って言ってたんでわたしは「チェ・おじさん生きてるけど普通に出てくるやろし暗殺のターゲット絶対チェおじさんやないやろ・・・あれやろ係長やろ・・・理由・・・?その方が面白そ〜やんネクネクネク以下略のちょっとした負い目もあるし・・・・え・・・でも仮にそうだとしても絶対死なんやろ・・・?」と考えていた当時の自分 *4を頭から消しました。

 

そして開演。え・・・?消したんだけど・・・?やっぱりお前か〜〜〜い!!!はるうみさ〜〜〜ん!!!からのあの回収の仕方!!!!!そっか!!!やっぱ?!?そ〜だよねあれぐらいの様式美でないとね(号泣)!!!あのめちゃめちゃわかりやすくサイコ〜な感じSUKIでしかないので有賀と一嶋係長 MY LOVE SO SWEETって感じです。

 

そして9/10マチネすなわち東京前楽のキャストからのひとことコーナーが中原さんであったこともわたしの「やっぱりTO一生愛」を加速させました。

 

 

いっち〜よりはるちゃんて呼びたい、殺されることも厭わない!そんな感じです。大人のことをナメていてすいません。有賀は有賀だし加々美は加々美ときたまいつきだけど、係長ははるちゃんって感じだぜ。もう係長じゃないのか?追いコンしましょうお酒を飲みましょう。

 

ラニーナ(わたし/キャストーーク!MC)

いつだって残されたもののことを考えてしまうのかもしれない。

有賀が間宮を撃つ時、「鉄の掟」を決別のように口にしていた。

そして悠久。有賀が再び、大切なひとを手にかける時。

「鉄の掟」は再び、けれどそれは、有賀と加々美、ふたりで誓いのように唱えられた。

全部が全部、有賀と加々美の「選択」の証だと思うたびにとても晴れ晴れしい気分になりました。

行き、帰りのモノレールから見た空は、本当に綺麗な青と雲だった*5し、暗転の前にふたりで飛んだ、飛んでいった彼らのことを忘れられません。

 

有賀涼くん、加々美いつきくん、ご卒業おめでとうございます。

 

 

あとがきにかえて/チャーチへ行こう!成年済の主張 to加々美

ここまでTHE・新参者のメモ書きにお付き合いくださりありがとうございました🙇‍♀️

 

わたしのTHE BEST OF BUDDIESなシーンはチェおじさんが出てきて「オラオラ〜いつきオラオラ〜」てしてきた時に「一回退散するぞ!」と加々美くんの腰をビターって手のひらで自分の後ろに追いやった有賀くんです!有賀くん本当にありがとうございました!呼び方?!さだまら〜〜〜ん!!!(唐突な発作)

 

あともうよくわかんないんですけど一嶋係長の項とか別にほんとにはるちゃんと呼びたいわけでもないのに「はるちゃんと呼びたい」とか書いていて2日前の自分わけわかんないなって感じてます。まじめとふまじめ大混戦ですみません。ど〜もすみません。

 

当初わたしはできるだけ「完璧」な感想を書こうと思ってました。しかし、鬼束ちひろCocco両名のライブを2周しても、舞台の骨子への言及すら終わらない。そこで理解した。無理!!!一回じゃ無理!!!しかも「完璧」ってどう「完璧」?!?言葉の定義づけからちゃんとしろ!!!とりあえず配信をみます。

 

「こんな日が来るとは思わなかった」って一節を一番実感しているのはもしかしたら観客側かもしれない。いつきはつとめてこのフレーズをさらっと言うようにしていたのか?複数回入っていないのでわからないのですが、そのニュアンスこそこのフレーズの武器だとマジで思ってます。まあ悠久を脳内で思い出すたびにわたしが思っていることは「マジでこんな日が来るとは思わなかった」なんだけどね!

 

Lipservice

Lipservice

  • ゴツトハード
  • ロック
  • ¥1500

開場して流れていたのがこのアルバムで めっちゃ「生」を感じました。

わたしのすきなCupid's Arrowの歌詞を一部抜粋(意訳だいすきマンなので「悠久version」くらいのニュアンスでご理解ください!)します。

 

But I can't live without you

だけどお前がいないと生きていけないんだ
Don't know if I want to

どうしてなのか 自分にだってわかってない
Always trying so hard to understand

いつも考えてみようとするけど難しくて
Still I'm holding feelings

まだずっとこうやって考えてるよ
Still I can't believe it

それ自体が 俺には信じられないことなんだ
You've always got the best of what I am

お前は 幾千散らばるかけらの中での唯一を 俺を俺たらしめるものを 俺がなんであるかを いつだってわかってる
So why does it have to be me

だから俺は お前の思う"俺"になれるんだ

 

 

ず~~~っと嗚咽の焦土に立ち尽くしてる、その理由を考えていたんですけど、メサイアはなんかすごいしんどいけど、そのしんどさは「少し先を予測させる技巧」の高さかなって思います。あとあの絶妙なラインを見極めてるセリフの反芻と抑揚。「お前は誰だ」って加々美が慟哭してるうちにだんだんしんどさが増すし、加々美がバイオリン持って何かを言うのを途切れ途切れにするのも!続く言葉の正解を脳が引き当ててしんどさが!増しますしお寿司!!!!!それでもわたしは歩き出します。先人に倣ってメサいプレイリストをつくるまで死ねない。生きるぞ!!!!!

 

あといいですか?最後に!加々美いつきくんに言いたいことがあるんです。

有賀は選んで選んで、強くなり続けてきたけど、加々美が今度は選んであげたね。

有賀も選んだし、加々美も選んだし、それは絶対的に己のためであるんだけど、それでも、それがふたりでいるための選択になったなと、感じます。

 

「ほんとにありがとーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」

www.youtube.com

 

未成年の主張みてたら「え・・・?もしかしてこのなんかすごい感動する感じ悠久乃刻に似てるかもしんない・・・?」とかゆ〜わけのわからない気持ちに支配されてしまいました。え?めっちゃ感動するよ・・・?  これからも素敵に無敵!有賀涼P加々美いつき担のラニーナやで!でした!

 

*1:ときは〜〜〜なて〜〜〜!けだか〜きこ〜ころ〜!生執事観たくないですか?わたしは観たい。本編はもちろんのこと、内川蓮生くんと仲良しになる味方さんとあきよしくんがみたい(あれ?)

*2:御神体あるあるを講談社ミステリ文庫などで学んでいたので・・・(そ〜ゆ〜問題か?)

*3:わたしの暴言でも妄言でもありません。文句は我らが母、黒子さんにお願いします♡

*4:当時の自分••• 6月中旬深紅までみた(映像作品をコンプした)直後に悠久のあらすじを確認した自分のこと

*5:おかげでモノレール2周したんですけどね!永遠に天空橋に着かないなと思いました

とっとこ走れないわたしが内海啓貴くんのLIVEに行ってきた@2017.6.27 渋谷 TAKE OFF7

Q.とっとこ走れないのは何故か?

A.靴擦れが痛いから。

 

こんばんは。ビジーをキメこんでるラニーナです🌛

今から取り急ぎあきよしくんのLIVEに行ってきましたことをご報告させて頂きます。

 

 SET LIST 

One Song Glory/ミュージカル『RENT』

イケナイ太陽ORANGE RANGE

 wings/オリジナル

君を想うとき/TOKIO

大切なもの/アニメ『ロードオブメジャー

 

コンクルージョン・ファースト

あきよしくんは大変「あきよしくん」でありました。

まっすぐで強そ〜で楽しそうだったのでニコニコしてしまった。目の前薔薇色。嘘。ちょっと盛った。朝盛大にコケたので弁慶の泣き所に爆弾を抱えていたわたしはカシオレ

でささくれた心を癒した。あ、ワンドリンク制でした。

 

 会場受付で最初に「内海啓貴」の枠で予約したことを告げた人達だけなのかな?

アンケートが配られました!

 

「今日の曲の中でどの曲が印象に残っていますか?」

「普段あなたがよく聴くアーティストは?」

「あきよしくんにLIVEで歌って欲しい曲は?」

 

フツーに最初の問いの選択肢一覧で今日のセトリネタバレだった。しかし軽率に開いてしまい、無事最初に目に飛び込んだ曲名により「???」となってしまったラニーナ。ワ、ワンソンググローリー。

 

そんなの聞いてない!ワンソンググローリー!

 

youtu.be

 

ロ、ロジャ〜〜〜〜〜〜!!!

RENTスキスキスキップなのでとっても嬉しかったです。あきよしくん歌い方マジモダンなので途中からRENTじゃなくてUVERWorldかなって思い始めた。AKIYOSHI∞。

平間のそ〜ちゃんのエンジェルが楽しみです!!!(話違う)

 

・あきよしくんによると、この曲はいつもオーディションで歌う思い入れのある曲

・やはり噛みしめる歌い方が定石なのかあきよしくんも噛み締めていた

 

今日のお洋服は白シャツにジーパンでいつもの謎チョーカーみたいなネックレスみたいなそのハーフみたいなアクセサリーをつけておりました。そして今日ついにこのアクセの謎が後ほどわかったのすごかったです真実はいつも一つ(後述)(知らなかったのわたしだけ???既出???)。

あと思いの外「アッキ〜〜〜〜〜!!!」って呼びかけている人が多くてわたしは「よし〜〜〜〜〜〜〜!!!」って叫びそうでした(???)

 

みんな楽しいイケナイ太陽

そして「みんなで盛り上がれる曲を!」「みなさんこの歌知ってますか?」と始まったイケナイ太陽。超ナ〜ナ〜ナ〜ナナナ〜ナナした。超跳ねてる。跳ねたいだけなのかな?くらい跳ねる。ここら辺から「あきよしくん今日も可愛いな」と思い始める。

 

・あきよしくんによると、この曲は高校でバンドでやってた曲その1(嘘かもです(???)ちょっと忘れました)

・とにかくノリノリ

 

「こんにちは〜」とMC

・観客の沸きがすごい

・熱波

・ロウリュ*1???(???)

 

・「内海啓貴です!」と言い切るあきよしくん。

・あきよしくん「ここ2年ほど舞台に出させてもらってまして〜」

 観客「エッマジで!?」

 あきよしくん「そうそうそうそう(観客爆笑)」

・あきよしくん「テニス、原作、すごい」

ドリライではお客さんの熱と一体感を最初にあの場所に立った時に「圧」で感じた

・「それでね〜」とたくさんお話ししてくれるあきよしくんを何かと煽る客席に「ねえバカにしてる?!何言うか忘れちゃったじゃん!?」「それでね〜」

 

・音楽は自分にとって帰る場所

・またやりたいから是非来てね

 

心がふわっとしてぎゅっとなるwings

・2年前くらいは路上ライブとか1人で箱を借りたりして音楽やってた

・その時に歌の先生たちと作ったオリジナル曲がある

・「聴いてください、wings」

 

・飛び立ちたいと言うことがまっすぐ伝わってくる

・Bメロでそれぞれ「心がふわっとする」「心がぎゅっとなる」って歌詞がある

・わたしの心がふわっとしてぎゅっとなる

・青い空、歩み続けること、前を向き続けるよというまっすぐな曲

・あきよしくん、ギターを弾く(最初に述べるべき)

 

真実はいつも一つな君を想うとき

・多分Rの法則だと思うんですけど「TOKIO山口達也さんと一緒に番組をやってたことがあって」

・その頃からよくしてもらっていて、今身につけてるネックレスとジーンズは達也くんからもらったもの

・知らなかったわたし「そうだったの!?真実はいつも一つ!?(混乱していた)」

 

 

⬆️よくつけているこのチョーカーみたいなネックレスのことですね!そんなエピソードが!!!

 

TOKIOのライブに足を運んだ時にこの曲を聴いて、「こういう曲を俺も歌いたい」とそれからずっと思っていた

・途中まであきよしくん1人、後半からバックもついた

・超気持ち入ってた(KONAMI感)

 

最後の曲だよ!大切なもの!

・高校の時のバンドで歌っていた曲パート2

・汗を拭く際に「巨人のタオルです」

・オレンジ色のタオル、巨人のタオルらしい

・「そう、今ね、連敗から這い上がり〜」、観客、祝う

・「俺じゃないから!!!」

・巨人の辛勝を祝う雰囲気

・あきよしくん、止める、バックの皆さん、何故か観客にノる

・「いいですって!!!」

 

・高音も突き抜けてた

・楽しそうに腕を上下に伸ばすあきよしくん

・わたし「メジャーはいい曲が多いんだな」

・最後も跳ねてシメる

 

 

また来て欲しいよ!あきよしくん

・帰り際、ポストカードが配られる謎の事態が発生

・しかも種類が多い。おかしい。「来てくれてありがとう」「気をつけて帰ってね」優しい。

・そのレパートリーの中で、燦然と輝く「また来てね」

・また来て欲しいあきよしくん

 

 

・「two days market」さん、鎌形けんすけくん、アシタカラーさんありがとうございました🙇‍♀️楽しかった〜〜〜!

・音楽している人はみんな、一生懸命で、すきだなあと思います

・それは舞台とはまた異なった、「注力」の魅せ方なのだと改めて思った

 

・みんな!!!次も行こうな!!!

 

今日のあきよしくん

約一ヶ月ぶりのあきよしくん。そしてわたしがこれまで触れて来たあきよしくんとは違うあきよしくんということで「どうなるんだろ〜な〜」と思いながら渋谷に向かいました。

結論、あきよしくんはあきよしくんでした。わたしの知ってるいじられ上手なあきよしくん。でもそこが大事じゃないんだなあ。まっすぐ伝えようとしてくれるいつものあきよしくんが演技ではない、歌というすべで、我々に熱いエモーションを届けてくれたぜ!

舞台の上での「役名」ではなく「内海啓貴」として挨拶するあきよしくんがと〜っても新鮮だったのですが、まあ一言でまとめると出している雰囲気が違うのと痩せたなっていうのと髪切ったの割とわかるなっていうアバウトな感じです(???)。

 

イムリ楽しみだな〜〜〜ナンバカはきっともう飛行機の上なので観ることはかないません!ともるんの演技を生で拝見したかったのとわたしなりのブルーシアター納めをしたかったです*2

 

とにかく、イムリでまた、「板の上の」あきよしくんとさっくんに会えることを楽しみにしています!遅ればせながらあきよしくん主演おめでとう🌸

 

そして今日もわたしと幼馴染一行は渋谷に向かうまでに挫折を覚えたり(省略)暴食を尽くしたり(省略)したのですがねむいので割愛!三大欲求大事にしてこ!?

また追記します。ではでは取り急ぎの鬼、ラニーナでした。

*1:

loyly.jp

*2:ダンロンでしか行ったことないのですが、とにかくブルーシアターは箱に行くまでにスヌーピーミュージアムに入りたくなる点がよくないと思っていました

平成29年度校外学習のしおり〜わたしと熱意の2週間〜

今週のお題「晴れたらやりたいこと」:校外学習

※本日の校外学習エントリで触れる作品(『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Judge of Knights~/ミュージカル『薄桜鬼』/メサイア・プロジェクト/舞台『TRUMP』)

 

みなさん、こんにちは。現在、私立サー氷学園に在籍している(っぽい)わたくしラニーナですが、各行事において実行委員を務める「お祭り騒ぎだ!ワッショイワッショイ🔺」委員会に所属しているので*1今回は当学園で先日から行われている校外学習についてオリエンテーションをします。現在が進行形です

 

なんか「なんであの時コレに触れようと思ったんだっけ・・・?」ってなるであろう6ヶ月後とかに「あの時こんなに愉快だったな」って思い出せるようにまとめます。エスエンドレスサマー🍹(???)

 

 

見学場所(その1あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Judge of Knights

 

65日のお昼、わたしは浮かれていた。

 

 

 テニミュモバイルにおいて三浦くんのチムライフォトが更新され、それがアイドル然としすぎていたためである。

しかし、そんなほっこりキュンキュンするハートを抱えたランチタイムも束の間。

あんステ・新作公演の詳細が発表されました。

  

第一弾をライビュで鑑賞し、「あ~なるちゃん顔がスゴイし(きたむ~最高)何より超絶キュートだし北斗マジ北斗じゃん」と私立夢ノ咲学院・一日生徒体験をしたラニーナ。

 

第二弾にも足を運んだふぃ~ねPのヤクザことDJm(ディージェイ・エム)ちゃんには「次のステは覚悟しときな」とあかじゃわくん(赤澤遼太郎くん/エリィ~~~*2!)の誕生日に捨て台詞を残されました。うちわを作る彼女と、泣きながら試験勉強をするわたし。結論、この冬わたしは無事に単位を取得しました*3

 

そう、65日のお昼も、あんスタ・アイナナ・とうらぶ・A3という4つのジャンルに四面楚歌状態のDJちゃんから前例に違わず(彼女は進撃の情報解禁の朝、タスクが終わらず寝落ちをしていたわたしに「ねえ三浦宏規くんがエレンやるってマジ?」とラインを投げてくれた耳の早いヤクザである*4。)ラインが投げて寄越されていた。

 

ヤクザことDJ「それでは聞いてください!!!」

あんさんぶるスターズオンステージで、『りつがあらまき、レオがしょうへい』!!!(意訳)」

わたし「ごめん

 

そんな「俺がお前でお前が俺で!?君の前前前世から僕は♪」的に言われても💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢めっちゃ困る💢💢💢💢💢💢💢💢💢

 

とは返す気になれず、「しょうへいくんがレオで荒牧さんがりつ」ということを脳が認識した瞬間にとっさに「ごめん」と返した。ラニーナ、待って欲しかった。

今ちょっとよくわかんないから「ごめん(、待って欲しい)」的なね。

そう、オタクはすぐ待ってもらいがちである。

この場合の「待って」ってしかもオタク待ってって言いがちだし言いたいだけやろって思うやん。ノンノンノンノン。オタク、マジで待って欲しい時はあるから。うん、その頻度がほんのちょっと人より高いだけ。

 

前回のあんステ(第二弾)、「守沢千秋がめっちゃサンシャイン」とゆ~レポしか見てないしふぃ~ね+αでデデニーランド🐭に行ったご様子が可愛すぎて他の記憶がなかった(ゆづゆづくんについてDJと小一時間話したぐらいの記憶)。

ゆえにラニーナ、プレゼン資料と貴重品を全てPCルームに放置しお手洗いに駆け込んだ(???)。「ゆえに」のつながりはわからないし、よいこは真似しないで欲しい。

 

混乱していたわたしは(理想)人気の無いお手洗いに(現実:お昼時で人が多い)スッと音も無く入り(早足だったために扉に脛をぶつける)無表情で画面を見つめた(え~~~?脛めっちゃ痛いしお腹すいたな???涙目である)

 

 

(苦節2000字、現実ではDJのライン投下から約2分)

(そしてここから3時間、エモーショナルにあんスタについてのお気持ちを書き連ねることになるとはわたし自身思いもよらなかった)

 

 

とにかく"あんスタ"に関しては(中略※3時間かかってるのウケる/

主音声と副音声で楽しむ『あんさんぶるスターズ!』/とは一体何なのか? - ごめんねジュビリー

)してあんステについてのわたしのスタンスを述べさせていただくと

「月永レオがすご~~~くスキだしだからこそ受肉するの(言い方)こわいからあんステKnights全員揃うことがもしもあったらその時考えよう」

だった。そして正直あんステ3弾の話とか忘れていた。のでなんの心構えもなく爆撃を受け、「しょ、しょうへいくん・・・さん・・・さま・・・」とよろよろしながらお手洗いに向かった。

 

第一弾はプロトタイプとして楽しんだ。でも第二弾飛んで、すっかり第三弾とか忘れてていてま〜「たぶんないつでても時期的にも気持ち的にも行かないだろうな~」と思ってたんですけど。

え?マジでジャッジャーン(わたし勝手にジャッジメント*5をこう呼んでいます。小学生だから許してほしい)をやるの?

で?レオ?でるの?まあ出るよね?ジャッジャーンだもんね?(オタク、「ジャ」とか呼んでるのにわたしは頑なにジャッジャーンって呼びたい。小学生なんで✋)マジで?しかも?レオがはしもとしょうへいくん???

 

去年、ハイステライビュを観て良い意味でお祓いされ阿吽へのなんかヤバイ気持ちを浄化してきたわたし。2.5としての"ハイステ"においてはやはり烏野という学校の素晴らしさに圧倒された。すがくんとたつなり氏がわたしの大大大好きな変人コンビを見事に演じていてなんかわかんないけど超泣いた。隣の幼馴染がマジでドン引いてたことは記憶に新しい。それは置いといて1番ラブリーだと思ったのは田中とノヤさんのコンビでした。「え?漫画から出てきたの?うるさい!カワイイ!!最高大好き!!!」

鑑賞後さっそくオッケーグーグル!をキメれば「え...ノヤさん...顔が好き...おくち好き...」

 

日々ラブリーなおめめとおくちをハンターしているラニーナ。「カワイイ...」しか言えなくなっていた。

元々しょうへいくんみたいなお顔がすきで、だけど日本語に、表せない。

たぶん橘と~いのお顔をすきなのも同じ理由なんですけど。

こ、小型犬のようなお顔?あとおめめと二重幅の絶妙なバランスがスキスキスキップです。そしてそんな感じで決めた。

 

よし!あんステ、元気に足を運ぼう!しょうへいくんの月永レオが観たい!

しょうへいくんがどんな人でどんな風に役に取り組んでるとかマジでなんにも知らない!でもノヤさんを観たときの「ワクワク」をまた感じたい!いってきます(願望)!!!(先行はいつからだ?!)

 

ここまでの感情の起伏の高低差すごかった。「え?れおぴ受肉(言い方)?!」→「え?!はしもとしょうへいくん?!?」→「そりゃハイステノヤさんキャス変だわ?!?(動揺のち納得)」→「ヤッタ~~~!いってきます(いきたい)!!!」

 

荒牧さんは刀ステの山姥切としての姿を観たものの山姥切のことからしてマジであんまり考えたことなかったわたし(刀ステは廣瀬さんの一期一振とすずきのひろきさんの三日月宗近を観てみたくてライビュに足を運んだ)。

 

そして現在。荒牧さんのことを「素敵だ!」と応援している人たちのブログエントリを観てわたしもまた改めて荒牧さんを観る機会があるといいな~と思っていた矢先である。なんと!これで「荒牧さんの演技をみて感じたこと」を普段拝見しているブログの方と共有できる!こみ上げたのはじんわりとした嬉しさである(チケットはまだない)。あと荒牧さんツイートかわいい(おい)。

 

そしてやっとステージナタリーの文字列を脳に届けることに成功し、気づいた。

 

natalie.mu

 

ん???

 

これまでのKnights。ラニーナ調べ『視界に入れると涙腺がヤバくなるあんスタキャラアワード「ベストヤバイからお前ほんと幸せになってくれ」部門』受賞の素直になれないシニカル王子せないずを5代目菊丸高崎さんが。いつでもカワイイわたしの大事ななるちゃん(言い方ヤバイ)(初期★5だから思い入れがヤバイ)をいつでもわたしの大事なLOVELY BOO*6を演じている安定と信頼の顔面きたむ~が。

 

で、これからのKnights。おひさしぶりでワクワクののはしもとしょうへいくん。Knightsを率いる裸の王様。

もとから顔と性格がすき!ねむねむゆるふわボーイ、さくまりつをおひさしぶりかつ興味が津々なまっきーさんが。

ん???

ジャッジャーンとかゆ~イベスト、勿論Knightsメインだけどその中でも、カワイイカワイイKnightsの末っ子が頑張るんだけど...。

 

スオ~~~~~~!!!お前!!!なおやか!!!!!

 

え、特に言うことがない。なかった。

驚きと喜びとワクワクは勿論あるけどなんかもう、納得が先に来ました。

めんどくさくなったとかそういう訳でなく特に言うことがほんとにない。だって~!!!なおやのおめめのきゅるきゅる具合、スオ~に似てるんだもん。

いつも裏も表も(キャストとしてもキャラクターとしても)わりと落ち着いてて、地味~ズを究めてニコニコしていたなおやが、赤髪にメタモルフォーゼキメてスオ~として「marvelous!」とかなんとかさえずりながらレオに突っかかっていくの、ヤバ~~~イ!

 

  

ハイ!解散!!各自位置について!!!

チケット!!!ヨ~~~イ!!!ドン!!!

 

 

かくして、わたしはDJとの連番なるか!?という新たな問題に直面することになったのである。

(つづく???)

 

見学場所(その2)ミュージカル『薄桜鬼』

 

あんステ第三弾情報解禁。謎にテンションの上がっていたわたしは他にもテンションが上がっている人はいないかと日本列島ダーツの旅よろしくネットという大列島を走り回っていた。

無駄にツイッターでサーチをかけ「橋本くんがれおぴやんないかな~」と結果的に大正解となる願いを唱えていた方々のホームにお邪魔し「最高の事実に正しく打ちのめされている」「むり」「最高」「ありがとうございました(まだ始まってない)」みたいなツイートを拝見しいわゆる「幸せ死」みたいな状況を目の当たりにしては楽しくなっていた。

そして前述の通り、この時わたしは「しょうへいくんを勉強したい」とゆ~気持ちに正直だった。

エモいの申し子・つっこちゃんにも「とりあえず薄桜鬼を観た方がいい」と助言をいただき、なんか漠然と観る気でいた。しかし、ここまであくまでも、漠然と、である。皆様も経験があるであろうまったく行動の伴わない気持ちの昂まりのみでラニーナは元気だった。

 

そして、そんなわたしの感情に行動を伴わせるよう差し込んだ一筋の光、それがdアニメストアである。

 

goodbye-talkie.hatenadiary.jp

深山さんのこちらのエントリよりdアニメストアのことを知り、なんと今ならミュージカル『薄桜鬼』がフルマラソンできる!と歓喜した。

 

「え!?橋本くん観れるじゃん!!!謎にわたしが観たあんステ初演も配信されてる~~~!!!復習!復習できるじゃ~~~ん!!!」

 

とりあえずしょうへいくんを観るはずだったのに斎藤一篇から未だ抜け出せていない(6/19現在)し、「池田純矢くん好きだな〜」とか「あっ、えっ、斎藤一、松田凌くんなの・・・」とか改めて松田くんを認識している場合じゃなかった。今思ったけどこれはフラグだった。以下、とりあえず第三行程である。そして今更だけどわたし、感情とテンションがジェットコースターすぎるだろ。

 

見学場所(その3メサイア・プロジェクト

 

次の週の火曜日。大教室ドセン三列目でともに眠気と戦いレジュメと格闘するはずの友人が今日も不在だった。LINEで「絶起」って、ね~今14時半だよ?!

そんな折、いっけ~さんがメサイアシリーズに追加キャストとして選ばれたことをタイムラインで知った。

 

natalie.mu

 

1月末にツイッターを始め、2月にはすでに「メサイア -暁乃刻-」の、ともるんと廣瀬さんが卒業~みたいなお話がタイムラインに流れていたことはおぼろげに記憶にあった。

エモいの申し子・つっこ大先生(2回目)にチムライ大阪で会った際も「メサイアは観た方がいい」「ついでにスレイジーも」と言ってくれていたことも覚えていた。

でも「メサイア」のことは何もわからない。なんか「卵」・・・?卵というワードをよく見掛けるな・・・?卵ってなんだ?

なので改めてWikipediaをオッケーグーグルしたところ、卵についての回答は得られなかった挙句、(???)で頭の中がいっぱいになった!

 

メサイア・プロジェクト(Messiah Project)は、日本のメディアミックスプロジェクト。

 

 現実とは異なる歴史を辿った世界の日本で、秘密結社じみた「警察」の一セクションに所属する精鋭エージェントたちの、一般人には知られる事の無い暗闘を通し、主に男性同士が結ぶ究極の友情と絆の物語を描く。

メサイア・プロジェクト - Wikipedia

 

うぃ、Wikipedia大先生~~~!!!!!

え~~~?!?絶対好きじゃん?!?

スパイ、公安、経歴、戸籍のない人間たち、メサイアシステム、え?チャーチの鉄の掟ってなんやねん?!

 

述語にまで思考が回らなかった。「主に〜」以下でなく秘密結社「ハイ!」じみた『警察』の一セクショ「ハイハイ!!!好き!!!」って感じだった。フライング気味じゃん。

そんなこんなで脳直に「絶対好きじゃん?!?」と爆発していたらとりあえず優しくしてもらい、改めてタイムラインの福利厚生のアツさに感動しました。

その暖かさに報いるべくバイト終わり、自宅でKindle版の原作(原典)をダウンロードし即就寝。次の日、お昼までに半分読み終え、自らに課したノルマを無事クリアしたので。

 

 

リアル校外学習をした(アホい)。

 

正直何もわかんなかったけど、「何もわかんないだろうな、でも"メサい"という何かを少しでも感じたい」とわたしなりの熱量で赴いた。

 

すると、GALLERY X BY PARCOには。集っているファンのみなさんがそれぞれに「嬉しい」「楽しい」「大好き」といった表情を浮かべながら無言でカメラのシャッター切っている、BGMがあまりにもエモい(メサい?)空間が広がっていた。

ゆえに、十分だった。想像力が過多な女はとりあえず"メサい"何かを得る事ができたので、その足で義経サロメとブルホワダイジェストをする三浦宏規くん鑑賞会に向かいました。

 

そして木曜日、無事にアンプラ2回目をキメてダブルワークに想いを馳せ、ガンダで家に帰りながら漆黒・影青・深紅をTSUTAYAでレンタル。金曜日はバイトをこなし、土曜日にはアンプラを納めたりタイムラインの大先生(2人目)にTRUMPシリーズをお借りしたり「顔がよければ全て無罪」なドルオタの話を聞きながらパスタを食べて終電間近にお家へと帰りました。

 

しばらく、TRUMPメサイア・薄桜鬼の鑑賞は続きます。

現在が進行形。そんな校外学習です。あと今のところ「メサイア -悠久ノ刻-」が日本での観劇納めになる予定なので頑張りたいと思います。え?ヤバない???とりあえず、斎藤一篇から抜け出しつつ、メサイアは白銀くらいまで一気に駆け抜けたいと思います!!!日々精進!!!最後に!!!

来週親知らず抜くのヤダ!!!!!

 

 

おわりに 

なにかを「摂取したい!」という瞬発的な気持ちってめっちゃ面白いし楽しいし最高だし残したいなと思いました(KONAMI感)。

瞬発的なエントリ、増やしていきたいです。ウス。押忍。

 

それでは、校外学習の(緊急連絡先)こと、チムライマラソンエントリのカケラとして散らばっているLINEログがひとりでに組体操して出来上がってくれないかなと思っているラニーナでした!それではまたすぐお会いしましょ~🤸‍♀️♀!

 

*1:中学生という設定✌️異論は認めない

*2:『アンプラネット―ボクの名は―』/きみのその輝き、忘れられないね - ごめんねジュビリー

書いた直後に参照記事としてつける自分の所業に無常が皆無だな(諸行無常を履き違えてるし字も違うけどなんと無く伝わると思っている)と思いながら笑っています。あかじゃわくんへの言及が続いていてすみまめん。カワイイな~と思っています😉

*3:DJの単位はあえなく散ったと小耳に挟んだが頑張って欲しいしそれは観劇とは関係ない次元の話である。三次元だけにね(???)

*4:わたしはマイナタリーの通知より何より先に彼女の通知で三浦くんの進撃出演を知った。セクシーサンキュー💋

*5:今回の新作公演の原案となるであろうイベストのファンの中での呼称

*6:北村さんはわたしがすきになる役をとにかくよく演られている。いつもありがとうございます(???)※サイはお腹が冷えないか心配した

主音声と副音声で楽しむ『あんさんぶるスターズ!』/とは一体何なのか?

ジャッジメントだヨ!全員集合~

 

もくじ

はじめに/総論にかえて

『あんスタ』、こんな人にオススメ!

主音声で楽しむ『あんさんぶるスターズ!

 システムについて(基本編)※主音声

 ストーリーについて※主音声

副音声で楽しむ『あんさんぶるスターズ!

 ストーリーについて※副音声

 システムについて(攻略編)※副音声

キャラクターとユニットについて※ハーフアンドハーフ

 Knightsについて※ハーフアンドハーフ

 月永レオについて※ハーフアンドハーフ

おわりに

 

 

はじめに/総論にかえて

わたしとKnightsの出会いは、まつりかちゃん*1と同じく、中学・高校と共に学び舎で過ごした友人・りりこから始まる。

 

「とにかくやれ」「いいからやれ」「あんスタはいいぞ」と繰り返し続けるりりこに根負けしたこと2回のわたし。

 

けれど何かと「え?キャラがヤバイ。『じゃよ』って語尾につける男子高校生*2初めて見た」「このゲームシステム飽きる~ねむい~」こうやって駄々をこね、トライしたもののすぐにおやすみさせて*3きた。

 

しかしある朝。語学試験を控え毎日英単語を食べて生きていたわたしは余りにも暇になりたかった(願望)。無い物ねだりである。

マジで暇ではない。つまり余裕もない。すなわち暇ではないゆえに物理的余裕は望めず、せめて精神的余裕が欲しかったわたしは、「なんかゲームとかやってると心に余裕ができる気がする!」(今思えば目的と手段を履き違えていましたね)と、あんさんぶるスターズ!を本腰を入れて始めるに至りました。

 

『あんスタ』、こんな人にオススメ!

このエントリのタイトルめっちゃ悩みました。わたしは「あんさんぶるスターズ!」とは一体何なのかについて書きたい。けれどこれは「あんさんぶるスターズ!の考察」、いわゆる「あんさんぶるスターズ!考」と成り得るのか。

わたしは「あんさんぶるスターズ!」の世界観がすきです。多分すき。わたしのお気に入りの"かたち"をしている。

 

『あんスタ』をどう捉えるかに関わらず、ある作品に関してそれを「どう解釈するか」ってまなざしは多種多様ですよね。そしてわたしの「あんスタ」観は、この世界をすきな人たちの中でも、それなりにおっきな分母と根底を同じくしていると思います。

 

けれどメインストリームとして取り上げるには余りにも「ウケる」(おい)。

なのであえて"副音声"としてわたしが『あんさんぶるスターズ!』をどう"副音声"で楽しんでいるのか自分でまとめてみようと思います。

どう「ウケる」のかはなんか読んでくれれば・・・わかるかな・・・いやわかんないかもごめんなさい・・・。

でも、あんスタはわかんないとこまで含めてその魅力として成立している

オタクは「余白」や「(多義)」、「(広義)」といった概念が、総じてすきだと思います。総じてね。

「余白」も色々類義語があるし。「欠落」とか「行間」とか。

 

一見ポップで単純なだけのコンテクストに、あらゆるフラグメントが散らばっている。

そんな中で自分のすきなかけらを探したり拾い集めるのが好きな人、沢山いるんじゃないでしょうか。

ハイ、わたしとしましては「そ~ゆ~テイスト」が好きな人に是非、『あんさんぶるスターズ!』を始めてみて欲しいという所存です。それではまず"主音声"でどうぞ。

 

主音声で楽しむ『あんさんぶるスターズ!

 

システムについて(基本編)

 

『プロデュース』をこなして、ジュエルを拾い(ドロップする)、そのジュエルでカードを育てる(アイドルロード解放)。

基本システムであるこれは、イベント開催時にも全く変わりません。

 

イベント開催時は普段とは違う『イベント限定プロデュース』をこなして、レッスン中に度々出くわす「ライブ」を成功させてポイントを獲得!

獲得したポイントによってイベント限定カードやイベントをスムーズに進めるためのアイテムなどのボーナスを貰うという感じです。

 

カードを育て、アイドルロードを解放して「才能開花」させると絵柄が変化したり限定ストーリーを解放できたりと「推し」がいればいるほど楽しいのではないでしょうか。

たくさんのカードを強くすれば強くするほどイベント時のライブを効率良く成功させられるのでたくさん強くしよう!

 

トーリーについて

 

本腰を入れる前。わたしが認識していた『あんさんぶるスターズ!』とは。

アイドルを育てる学校にひょんなことからマネージャーのお仕事を学ぶ学科ができるっぽくてその実験的な導入として転校して来た「転校生(主人公)」がさまざまなアイドルをプロデュースするというもの。

 

え~めっちゃ女の子向けのシュミレーションゲームっぽい。

え?メモリアル??ときめきメモリアルしちゃう???

甘酸っぱい恋心をJPGに覚えちゃう???

 

初回データをダウンロードしたわたしはかる~い気持ちでチュートリを終え、りりこに「とりあえずレベルアップしてストーリーを集めて読め。いいから読め」と言われるがままに進めること3日が経過した。

しかし。

 

日を追うごとに頭にはてなが増える。

「やっぱキャラ奇抜じゃん(笑)...ってえ~~~?」

「このゲーム、主人公とアイドル、恋愛しない」

 

いやそこまではいい。そこまではいいけど。

 

「これ、わたしの知ってるアイドル育成ゲームと違う」

 

何故か。

 

第一部メインストーリーの英題、「Hierarchy」。

まさかの(直訳:階層制度)である。

続く第二部は「Rebellion」。は、「反逆」?

第三部は「Revolution」。あ~ハイ、あの、「革命」です」?

って待って?!アイドル育成ゲームだよね?!フランス革命期・アンシャンレジームブッ倒してここに自由の旗を立てようとしたあの史実をなぞる的なサムシングではない筈だよね?!バスティーユ?!ここは何処?!?わたしは誰?!?!?

 

なんだか一気にきな臭くなってきよったな。ラニーナは、服部がそう放ったヘルメットを器用に片手で受け取るとこう答えた。

「そうだな。でも、とりあえずわかったことがある。*4

「何や?言うてみい。」

バイクに跨って腰に手を当て、ラニーナの返答を待つ服部。

ラニーナはそんな彼に笑ってみせた。

「事件はバスティーユで起きてるんじゃない。私立夢ノ咲学院で起きてるんだ!」

 

チャ~ラ!チャ~ララ!\チャ~ラ!チャ~ララ!/チャ~ラ!チャ~ララ!チャラッチャッチャ~!

 

劇場版『名探偵ラニーナ 夢ノ咲学院の亡霊*5

 

ハイ。とゆ〜わけで(どういうわけだよ)。一筋縄ではいかないっぽい『あんさんぶるスターズ!』。

我らが『Knights』があんステでやっと一同に会することによせ、(ここまでもだいぶ"副音声"寄りではありましたが)この先はあんさんぶるスターズ!を"副音声"で楽しんでいきたいと思います。

 

副音声で楽しむ!?『あんさんぶるスターズ!

 

あんさんぶるスターズ!」には魅力的なキャラクターがたくさんいます!

きっとあなたもスキになれるキャラクターが見つかるでしょう!

ん?ほんとか!?わははは

 

ここから先の副音声パートに関しましては「何を言っているかわからない」と思われる方がいらっしゃると思います。なので、最早「何を言っているかわからない」具合を楽しんでいただければと思うのですが「も~楽しめない!」となったらそっと閉じてください。「何を言っているかわからなさすぎてわかりたくなってきた」と感じたそこのあなたは是非あんスタを始めてください(???)。

 

トーリーについて

 

そう、わたしとあんスタの出会いは、大学からの友人であるDJとは全く毛色の異なるあんスタヤクザ・りりこによる"勧誘"という名のアサルト(暴力)から始まった。

 

もともと同じ言語で生きていたわたしとこのあんスタヤクザ・りりこは数多の文脈と解釈とで殴り合い、外野のいないワンオンワン/ドッジボールをしてきた。

「劇的にわかりあう」というより、同じ言語で生きていて、信仰する宗派も一緒なのにお互いの流儀には口を出さないままに言いたいことのみをラインに投下し合う。いわゆるこう、なんだろう、戦友・・・?

 

ま~そんな頼もしい(???)戦友に「神探しゲームだ、いいからやれ」と挑発され、「わ~~~い❤︎」とその挑発に乗ったのが間違いだった(???)。

 

ここがすごいよ!あんさんぶるスターズ!

・キャラクターの個性(破綻性)が豊か

・学院の「閉ざされたいびつな箱庭」感

・わたし的総括/これは「玉座」の物語だ

  

あんさんぶるスターズ!』はただのアイドル育成ゲームではない。このゲームの醍醐味は、ジュエルを掻き集め、ダイヤを砕き、「推し」のJPGを集めるだけではなく、メイン含め、大量に用意されたイベントストーリーを解放して、「置いてけぼりをくらう」感覚を味わうことにある。

そこにあるのは「共感」ではない、「絶対的隔絶」だ。

 

わたしは当初、このゲームを「神探しゲーム」と揶揄した。

これは「我々【ゲームをプレイしている側】が、この夢ノ咲学院に在籍している『ある種一本通っているような・はたまた通ってないようなキャラクター』、つまり【破綻をきたしているキャラクター】を""として崇める」という意味だったが、しかし。

りりこはわたしのこの発言に「基本的に合ってるけど、」と訂正をカマしてきた。

 

「でもキャラクター自身が神探しをしていないとは言っていないからな」

 

そう、あ、『あんさんぶるスターズ!』は(動揺)!

個性豊かなキャラクターたち(好きな後輩(男)を監禁して怒られるアイドル(男)、自分は吸血鬼だと言って憚らず普段は棺の中にいる高校3年生(男)、西洋人形を持ち歩き「マドモアゼル(お人形の名前)に気安く触るな!」と激昂する高校3年生(男)など)が!

 

それぞれの破綻を抱えつつ学園の仲間が持っている自分にないものを!「いいな」「欲しいな」って言ったり手を伸ばしたり引っ込めたり、さらにはそれだけじゃ飽き足らず「う~ん?やっぱ欲しい!」から奪ってみたり(広義)壊してみたり(多義)して!

 

でも最終的にその千切ったり床に叩きつけて踏みにじったものをまたそうっと繋ぎなおしてみたりする(※ただし治るとは言ってない)過程の中で!

 

縁もゆかりもあるその学園の仲間(主に学園内のキャラクター※才能・在り方・ポリシーその他いろいろを含む)"どう"思ってるかという解答及びヒントをイベストでこちら側が確認・回収し「あ、これ思ってたやつだ」もしくは「嘘だろマジか」となってどっちにしろ過度の"感情の波"に体調が悪くなるゲームです!

 

確実にいつもこちら側はただただ"置いてけぼり"にされる!(上から下まで余すことなくヤベ~~~!)

 

今わたしも自分で書いた上記の「文字列」を恐る恐るなぞったんですが「何を言っているんだコイツ」感がヤバイ。え?こわくない。こわくないから!

えーと、要は、要はですよ。この物語は、いたってフツーの、普遍的な、「喪失」、とか「才能」、とか「愛されたい」とか、そういった「選び/選ばれること」を普遍的でない文脈であるところの「アイドル育てるぜ!」に乗せているわけです。

え?伝わってる?待ってくれ、わたしがヤバイんじゃない、ひひひ大先生がヤバいんだ。

 

わたしは「喪失感」とか「隔絶」とかこの現実とは相容れないもののことをスキになり、常日頃そういったことを考えているのであんさんぶるスターズ!をわたしが「ヤバイな」と思うポイントはそこです。

これは夢ノ咲学院の生徒たち一人一人の、それぞれの「才能」という玉座についてのお話です。

孤独と孤高が、彼らを唯一にする中で、「玉座に座る」ということはそこから「滑り落ちること」までを指します。それがあんさんぶるスターズ!の世界線であり、キャラクターたちが戦っている世界です。そこにへ、滑り落ちたくなくって、手にしていた王冠を取り戻したくって藻搔いている少年たちがそこに確かにいる。

そうして滑り落ちるまでの過程を、滑り落ちてきた過去を、その先を、わたしたち「転校生」がただただ玉座ではない椅子に座って眺め続ける。『あんスタ』はそういうゲームです。

そして、その中でもわたしは。「喪われた玉座の話」がめっちゃスキってゆ~、そ~ゆ~話であります。

 

ア~~~~~~!!!ゴホンゴホン(発声練習した)!!!歌います!!!

 

テレテレッテレ~~~~!!!も~いちど説明しよう♪♪♪これでラストだ!!!

 

あんさんぶるスターズ!」とは!

「私立夢ノ咲学院」というアイドルを養成する学園に「マネージャー業」を担う"女子"生徒として、ただ1人在籍する主人公(デフォルト名・あんず)が!

学園の生徒会とそれに逆らい、革命を起こすと決めたTrickstarの闘いを描きつつ(メインストーリー)、それぞれのポリシー、及び掟、及びスピリットを持ったユニット・非ユニットだけど縁もゆかりもある集団・もしくは個人の繰り広げる精神的デスバトル(真髄及び醍醐味)に巻き込まれ!

結論としては青春のアンサンブルを奏でる日々(表向きの醍醐味)を送るゲームである!!!

 

超マイルドにわかりやすくした。え?わからない?わかる。

「わからない」が「わかる」。わかりませんよね、始めてください。

必ず、あなたのスキな突拍子もないキャラが見つかりますよ!!!

 

 

システムについて(攻略編)

 

この辺まで読んでくださった方には伝わってると思うんですが、わたしはこのゲームのシステムすらもう…こう...なんだかRPGだな...って最近思い始めました。アツい感じないですか?よし、説明します。

 

そして先程基本編では触れなかったのですが、あんスタはJPG推し)を獲得するのに匹敵するほどイベストを解放するのが辛い。物理的損害と精神的損害という違いはあれど、辛い。

物理的?にはす~ぐ手に入れられるんですよイベストは。JPGはランキングで上位にならなければならないために課金を要するのですが、イベスト解放は課金・無課金関係ない!だけど開けたくない。ん???

  

つまるところ、イベント開催時は普段とは違う『イベント限定プロデュース』をこなして、レッスン中に度々出くわすキャラクターの言動にあたふたしながら「ライブ」にぶちあたり次第RPGで言うところのモンスターがあらわれた!)、ライブをはっ倒したたかう!)、ライブを成功させてポイントを獲得!

ポイント集め、イベント限定カードやイベントをスムーズに進めるためのアイテム、イベストを解放するなどのボーナスを貰い、無事イベストを開けて具合が悪くなる

とゆ~のが基本システムです。

 

ライブにぶちあたった際のユニットは通常の「プロデュース」ユニットとは異なる編成が行われます。端的に言えばさらに大所帯で戦うことになります。一個一個のカードが強ければ強いほど上限5LPRPGで言うところのMP)を効率よくライブに割けるので日頃から通常プロデュースでジュエルを手に入れてこまめにカードを育てようね!(出来た試しのないオタク)

 

 

ユニットとキャラクターについて

ついに主音声と副音声とをハーフアンドハーフで!

 

アイドルには欠かせないユニット。現在10ユニットが登場しており総勢39名のキャラクターがいます(いるらしい)!

いつも通り独断と偏見によるユニット紹介をします。

今回はKnightsのエントリって決めているのでその他のユニット・キャラクターについてはサラッとこなしていこ~と思います。サラッと終わらせる!!!

 

Trickstar(とりっくすた〜/トリスタ)

トリッキーさは他のヤバイユニットに正直負けるのでは?と思ったけれどそこは「王道」の主人公ユニット。メインストーリーを追うごとに友情・努力・勝利を強めていく様子にみんな釘付けである。夢ノ咲学院の生徒会が率いる「アンシャン・レジーム」に反旗を翻し、"革命"を起こす。お金のキラキラが大好きな(???)スバルくんとおばあちゃんコンプレックスのひだかくんとこのままだと過労死しそうなまおくんとヘタリアという作品のアメリカに酷似しているまことくんで構成されている。

 

UNDEAD(あんでっど/アンデ)

自称・吸血鬼というヤバイ人(その1)がヤバいユニットを作った。ロックで無敵な野獣ユニットである(テキトー)。ユニットソングのノレ度が異常。

ヤバイ人の人気は不死身なヤバさでその上キャラクターボイスはまっすーである。神の子…。トリスタ(Trickstar)のことを何かと助けてくれた。ヤバイけどいい人、違った、吸血鬼と犬と狩人とチャラ男で構成されている。どうしよう。構成員で人間は狩人とチャラい奴しかいない。ガッデム。

 

りゅ〜せ〜たい

別にユニット名のカラフルさは贔屓しているからではない。守沢千秋の「ヒーローは黙って赤だろう!」みたいな圧に屈したくないだけです。サンシャインと松岡修造を100倍に濃縮還元したのがリーダー。いわゆる戦隊もので、ボランティア活動もこなしている。き、生粋のヒーローユニット〜〜〜!でもその内訳はナスが苦手なリーダー魚のことしか考えていないヤバイ人その2なブルー鬱々グリーン人見知りイエロー、そして苦労人ブラックである。ま、まとまりがねえ〜〜〜!

 

fine(ふぃ〜ね)

圧政の限りを尽くしてきた生徒会長率いるボスユニット。生徒会長は幸村精市です。嘘です。五感は奪わない。生徒会長は人の才能がお好き。クレイジーなアメイジング変態仮面(ヤバイ人その3)、キュートで毒舌な桃李くんとその下僕、そして病弱な生徒会長で構成されている。ま、まとま(略)〜〜〜〜〜〜〜!!!

 

Knights(ないつ)

意外とまともなんじゃないか説を唱えたいけどそ〜でもなかった。ストーカーエアブラコンという日常に潜む狂気を体現するリーダー代理と宇宙人(リーダー)と吸血鬼(弟)と心は乙女とバイリンガルとゆ〜よりルー大柴な末っ子で構成された騎士道ユニット。今一度問おう、騎士道とは?イベストにおける血で血を洗う【内部粛清】は至って西欧的ですね(???)

 

紅月(あかつき)

ヤバイ人はいないが、銃刀法違反者はいる。まともで妹を大事にするガチ恋案件と苦労人なメガネボーイ(生徒会副会長で生徒会長とは幼馴染)(真田ではない)と銃刀法違反者(外見は神田ユウに酷似)のユニット。銃刀法違反者のプロフィールを覗くと「短絡的なところがあり、」との記述を発見。刀を!!!持たせるな!!!ちなみにキャラクターボイスは神永圭佑。か、神の子・・・!苗字も神崎である。か、(略)!

 

Valkylie(ゔぁるきり〜)

去年実装されたヤバイ人・その4が率いるユニット。格調高い。ウィーンとかでパフォーマンスして欲しい(願望)。正直最初のイベストが辛い。ヤバイ人とのその出来損ないのお人形によるユニット。し、幸せになるので安心してください。ちなみにマドモアゼルはユニットの構成員ではない。

 

Ra*bits(らびっつ)

え〜〜〜!?可愛い以外になくない???

1年うさぎのために3年生の先輩うさぎがリーダーを務めている。滑舌がゆるふわな3年うさぎとユニット活動のためバイトざんまいうさぎ、天真爛漫すぐ走り出すうさぎ、キレのあるツッコミうさぎの4匹で構成されている。闇などない、最高かと思ったのもつかの間。3年うさぎが元・ヤバイ人その4が溺愛する完璧なお人形だったことが発覚。端的に言ってゔぁるきり〜登場時のイベストが辛い。

 

2wink(とぅういんく)

双子のテクノポップユニット。双子ならではの行き違い、対話の怠りを流星隊の苦労人ブラックが暴力で解決しようとした経緯が興味深い。基本ゆる〜っとしたふたりとヤバイ吸血鬼がニコニコしていると大抵わんこ(あんで)が酷い目にあう。何を隠そう、4人は軽音部に在籍している。わんこは愛されているのだ(余談がすごい)。

 

Switch(すいっち)

?いいえ、すいっちです。最後のヤバイ人その5がいる。どうやら魔法使いらしい。もうRPGに移行したほうがいい気がしてきたけどLPとかゆ〜MP、上限5だから満足に魔法戦できなさそう。2年生にしてリーダーを務めるヤバくて赤い子、青くておまじないの好きな3年生、そして特技がパルクールの黄色い1年が所属している。よくわかんないけど魔法かけられた〜〜〜い!

 

MaM(まむ)

まさかのソロユニット。新キャラの名前の由来が猫すぎる。放浪癖がある。猫じゃん。ゆ〜てよくわかっていない。わかったら追記しようかな(多分しない)。

 

以上です。

ユニット同士の繋がりだけじゃなく、部活や趣味などでのつながりもあります。

プロデュースユニットは共通点のあるメンバーで揃えると「ユニットスキル」が発動してなんか効果があるらしいのでやってみてください。最後に(他にも言わなきゃいけないことあるんだろうなと思いつつ)、ヤバイ人についてだけ。

 

※ヤバイ人(その1〜5まで)とは?

作中において『五奇人』と称される人々の総称。もともと学園の「抗争時代」に端を発する括り。

自称吸血鬼で学院の歴史に詳しくずっと「生徒会」に反抗していたさくまれい(表面をなぞっています)。

魚のことしか頭にないゆるふわぷかぷかな感じだけどたまにどきっとするようなことを言うしんかいかなた(表面を以下略)。

とにかく楽しいことしかしたくないっぽいうるさい人、ひびきわたる(表面を略)。

 

以前まではこの『三奇人』までしか発表されていなかったが、芸術をこよなく愛するゔぁるきり〜のヤバイ人(いつきしゅう)と言葉にこだわり、魔法を信じているすいっちのヤバイ人(さかさきなつめ)が実装され、めでたく以前『五奇人』と呼ばれていたキャラクターたちが出揃った。

 

なんかも〜色々あるんで、好きな子が見つかれば幸いです。

stars.happyelements.co.jp

大抵みんなヤバイ。安心してください(???)

 

Knights』について 

最初に、『あんスタ』全キャラのビジュアルを見て、好きになったのはKnightsの「朔間凛月」ことりつだった。

そして初回ガチャを回したら出てきた★5は「鳴上嵐」ことなるちゃんで。

「瀬名泉」ことせないずにはキレ芸をかましながらも「この見た目で、この言動でバイクに乗るの?設定詰め込みすぎか!ズルイ!」とやっぱりふんがいした(まるっこい怒り。ガチの怒りじゃない、「ういやつよのう」的な怒り。ゆえにひらがなでお送りしました)。

スオ~こと「朱桜司」くんには「ピーチクだかパーチクだかmarvelousだか知らないけどよく喋るね!?」と感心したし、「Knights」のコンセプトにもビビッときていたのであった。

 

優美かつ華麗な騎士道ユニット!

個人のレベルが高く、望むものを魅せてくれる彼らは観客を虜にする。

Knights | あんさんぶるスターズ!より 

 

ファンサが厚くて個人主義も尊重してて!?てゆ~か騎士道ってヤバくない!?安直な脳内である。さすがわたし、拍手、敬礼(ウ、ウケ~~~~(ない))。

 

しかし、Knightsには大切なパズルのピースが欠けていた。それが、「空白の玉座」。

 

アプリリリース時から、Knights"リーダー不在"のユニットとされており、ユニット紹介のページには5人分のアイコンがあるのに、その一番先頭は「?」となっていて。

リリース開始から約半年後の914日までリーダーの実装はもちろんのこと、詳細すら明かされておらず、そんな中、満を辞して公開されたのが「月永レオ」だったわけである。

 

 

りりこの挑発に乗り(言い方)、あんスタをプレイし、それなりにキャラを覚え始めたわたしが、「たぶんね」と切り出した答えにりりこは疑問形で返してきた。

 

わたし「月永レオだなわたし」

りりこ「なんでうちのタイムラインはみんなレオなの?」

---2016年3月のLINEより

  

・・・そうだね、類が類を呼ぶね(彼女のタイムラインがどういったものかよく知らない)。どんどん行こう。

 

 

『月永レオ』について

 以下、アブストラクトな「月永レオ」所感です。

 

 

月永レオとはど~ゆ~キャラクターなのか。一言で説明すると。

Knights」のリーダーである。

それ以上でも、以下でもなく、このワンセンテンスがめちゃくちゃ大事だと個人的に考えている。

作曲の天才。そして変人。いきなり宇宙人と交信とか言い出す。え、何でわたしレオのこと好きなの・・・?改めてわかんない・・・(わかんない振りがすきです)。

だってでもマジで変人ていうか!「考えが読めない」んですよ。

 

いつだって自分で考えて答えを出しているのはわかる。けれど、それがこちらに伝わるのは全てが終わってから。

 

いまだ全てが終わってるとは言えないあんスタ世界の中で彼のことは「わからない」ことが多い。過去のピースも今も未来の話だって。基本的に「なにかに執着する」スタンスを持つ「あんさんぶるスターズ!」のキャラクターの中でもいまいち、月永レオの考えている、「執着している」もののことはわかりません。

 

しかし彼が「執着していた」ものに関してのお話が、今回のあんステの核となるであろう「ジャッジメント」なのです。

 

今回のあんステでのメインシナリオとなる、月永レオ初登場イベスト・通称『ジャッジメント』。ゆ~て正式名称「王の騎行」だしジャッジメントのジャの字もないですね。ないです。いや、あるんです。なぜ、「ジャッジメント」と呼ばれているのか。

 

ジャッジメント」はイベストの中で幾度となく出てくる【内部粛清】を行うことを指すテクニカルタームだ。

 

このイベストで鮮烈なデビューを飾った月永レオ。いまだに彼が「執着していた」もののお話は続いています。それが前回のイベスト・通称「チェックメイト」。

突拍子もない言動が目立つ月永レオだけど、結局そんな感じでフィーリングで生きてるみたいに「わははは」とか笑っといてマジで何考えてるかわかんな~~~い!それが「月永レオ」の魅力です。

 

ね~、何考えてんの?

突拍子のない行動を取るせっかちな性格。

二年生の春休みから半年ほど不登校状態だった。妹と霊感(インスピレーション)を愛し、様々なものから常に刺激を求めているため神出鬼没。

作曲を得意とし、自他共に認める音楽の天才。弓道部に所属しているが、ほとんど幽霊部員状態。

ユニット『Knights』に所属し、リーダーを務めている。

自由奔放ではあるものの、放浪していると後輩の朱桜司に連れ戻されたり、ユニットへの参加をメンバーに望まれているため徐々にリーダーとしての勘を取り戻しつつある。

月永 レオ | あんさんぶるスターズ!より

 

インスピレーションをこよなく愛し、「自分が天才」だということを公言してやまない「王様」、月永レオ。でもその玉座はとっくのとうに「亡い」のだ。

 

おわりに

ハイ~!月永レオくんのこと、ちょっとは気になってくださったでしょ~か。

「わからないこと」が、魅力の『あんさんぶるスターズ!』!

わたしも未だ「わかんない」ですし、まさか「あんステ」にワクワクしているうちに「あんスタ」をまとめることになるとは思ってもいなかったので、謎にこんなたくさん書いてしまったのウケるなって感じです。 

でもあんスタの世界観がわたしのすきなかたちをしているのは本当です。

 

だから、結論としては。あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』〜Judge of Knights〜 を観ましょうね!!!

 

よ〜し!オッケーグーグル、ジャッジメントイベストあんステシナリオ/過去の喪失と輪廻)そしてライハー(過去編/失ったものについての瀬名泉の独白)をキメてチェックメイト(前回のイベスト/生徒会長と瀬名泉による現在に至る喪失についての対話)を浴びた後、通うのにオススメの猫カフェを教えて。

 

 

 

 

 

 

*1:当ブログに頻繁に登場するオタクでありマブダチ。テニスのオタク。テニスにハマり(王子様の話です)テニスをする(スポーツの話です)ためにこの世に生を受けた

*2:りりこの偶像崇拝対象である。わたし失礼ですねごめんね?!?

*3:アンインストールの意。

*4:小学館って吹き出しの中の句読点を必ずつけるスタイルをいまだに貫いています。多分。

*5:ベイカー街の亡霊が好きだって言うとコナンフリークにめっちゃバカにされる。ごめんね?!?(キ、キレ~~~)

『アンプラネット―ボクの名は―』/きみのその輝き、忘れられないね

 

ごきげんよう!夏、いや梅雨ですね☔️ みなさまいかがお過ごしでしょうか。

まずはじめに、遅くなりましたが。

三浦くん「幽劇」出演決定おめでとうございます🎉

 

www.nelke.co.jp

 

ネルケプランニングのことは全くわからないけどこれが「ヤバイ」ことなのはわかる、わかるぞ…!

まずわたしが崩れ落ちた点が、たわみかコンビがまたもや連名していること。この並び、わたしこの半年の間に何回も見ていて、毎回「た、楽し〜〜〜!」と思っていたので、「夢かな?」と思いました。夢かな?(うん???)

そしてその後に、崩れ落ちた点が、イワズモッガーナ。そこに!「三浦宏規」のお名前が!つ、連なってる〜〜〜〜〜〜〜〜〜?!?

 

味方さんと三浦くんのウィルビー共演。パフォーマンス中心ではない初の共演!

 

ameblo.jp

 

味方さんも「お芝居」とこの作品を称しているのでわたしも「お芝居」なのだと解釈しているのですが、ドキドキが醒めやらぬ感じです。

痛快スタイリッシュ「ゴースト」エンターテイメント!という紹介通りの「痛快」さを、どう三浦くんが咀嚼して表現してくれるのか!マジでドキドキ!ドキドキで壊れそう!

とにかく続報が待ち遠しいです👻

 

さてさて。本題です。

しっとりぼんやりなこんな曇り空の中、みなさまこのホリデイを楽しくお過ごしでしたでしょうか。わたくし、ラニーナは今週から『メサイア・プロジェクト』シリーズを鑑賞し始めました。並行して薄ミュマラソンも始めています。ん〜、わけがわっかんないですね。というわけで!「歌います(真顔)」!

 

ミュージカライブ『アンプラネット―ボクの名は―

www.nelke.co.jp

 

「歌います(真顔)」に関してはヴィーちゃんの劇中の発言から拝借致しました。ポムリアちゃんの「なんで!?」も一緒に楽しめ、あのフレーズから初恋シチュエーションが流れ始めるのはとっても胸キュンでお気に入りのパートのひとつです。

それではアンプラ雑感とともに三浦くんのことをお話ししたいと思います。

 

あらすじ

ここは敏腕プロデューサー・リッキー・O・ベルベットが主催する「銀河アイドル選手権」の会場。姉・ポムリアの魂が眠る「マジカルストーン」の行方を探してこの会場にたどり着いたセシィマーニィエリィ。しかし、この選手権の優勝者に贈られる賞品として「マジカルストーン」を会場まで運んできた闇の運び屋・ポミィの体にひょんなことからポムリアの魂が乗り移ってしまう。ポムリアは「アイドル選手権?!出る!!!」と宣言し、ポミィの友人である掃除屋ヴィーとユニットを組む。「一緒に帰ろう」とポムリアを説得するセシィマーニィエリィだけど-------?!

 

 ドルステシリーズを予習することなく「AW設定」についてもなんとな〜くの知識で紀伊國屋ホールに向かいました。月曜日〜木曜日〜土曜日マチソワ(計4回)を通して、わたしが考えたことは。

『アンプラ』はサラッと「才能とは」という問いを提示し、その答えとして「今ある楽しさ」「努力」「守ること」「欲しいものを手に入れること」に触れながら「夢を叶える」「叶えていく」ことを描いた作品でした。

全員が全員、輝いていて!可愛くてちょっとおバカでポップで!優しくてあったかい!ス、スゲ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!(語彙力)

 

✏️ ラニーナ・メモ

・登場人物が全員可愛くってびっくりする。

・お話の運び方がスピーディーでポップ。飽きない。

・歌い出す。ミュ、ミュージカライブ・・・!

・え?歌がいい。超いい。

・統制が取れている客席。超ヤバイ。

・ポミィがすごい。なんて言ってもすごい。

・エリィがバカワイイ。

・セシィ、ウザイ?

・マーニィ、好き(分かりやすくてすいません)。

・マーニィとエリィが喧嘩するのもすごく好き(分かりやすくて本当にすいません)!

・ヴィーちゃんってなんであんなに最高なんだろう?

・ローーーーーザさーーーーーーーーーーーーーーーーん!

・ローザさんへの野太い声援(ただし女性の方)、いつも存在した。

・アビス!ブラン!ペポ!はよい三馬鹿。

・小関陸くんって最初わかんなくてごめんねボブ(ホセだ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!)。

・リッキーさんの声がいい声。

  ・前楽なのに追加されるコール。超ヤバイ(コール出来て嬉しい)。

 

まず歌がすごい。キャッチーなポップス、ラプンツェルが外の世界へ一歩踏み出した喜びを歌うような曲、和を感じさせるアップテンポナンバー、70年代アイドルソングまでをも網羅する感じ!とにかくアゲアゲ!こりゃ〜乗っちゃうな!?!

そして掛け合いと、メインのキャラが動いている時も油断しない、細やかな周りの動き。誰の表情も見逃せなくて目が足りなくてとっても困りました。眼球あと18個ほど顔から生やしたい(???)

 

丁寧なお話作りとキャラ作り。一回一回の公演で演技のブレが少なかった。ここはこうキメてくるって安定感。ビビっときました。

そしてお名前を把握した時に「キャラ名濃すぎるやろ〜〜〜」って思ったのですが、キャラ名どころの話じゃありませんでした。濃い。濃いめのカルピス。エンドレス乳酸菌だ(???)

 

あんステのオタクに「あかじゃわくんはど〜だったのじゃ」と聞かれたのですがマジで言えることが「頑張って調査しててバカワイくてアツくて最高だった」しか言えなかったのできちんとここでまとめます。

エリィくんは愛すべき熱血ボーイ

彼だけが公演のチラシに「準惑星人枠」で乗っていた謎が解けました。真実も欲しいものもいつも一つだけだ!

あまりにもエリィが猪突猛進で声デカでもひとつおまけにおののきラブリーバカだったので可愛すぎて泣いた。

ポムリア姉さんに発破をかけられたのちの、その吹っ切れ方も、わたしがあの80分の中で拾い集めたエリィというキャラクターのかけらから成る答えそのものだった。深く考えない!今やることをやる!考えるんじゃなくって、感じて、そのままの熱を!みんなで分け合おうぜ!って笑うエリィくんのこと、わたし、めっちゃすき家〜〜〜〜〜〜〜〜〜!吉野家〜〜〜〜〜〜〜〜!松屋〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!イェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

 

マーニィは空気の読めるツッコミくん

セシィよりよっぽど頼もしかったです(おい)。セシィはまとめ役。マーニィはツッコミ役って感じでした。主にエリィのね。ツッコミ、好きだな〜〜〜(わかりやすい)。

セシィはしっかりしてるけど所々抜けてて、マーニィはセシィが気づかないところにも気づいてあげていてバランスが取れている。マーニィはエリィがバカみたいなことを言うたびにきちんとキレ気味に説明してあげていてマジ「優しい・・・神・・・」って両手合わせてました。

でも基本、アンプラメンバーは全員おんなじ根底を持っている(とわたしは思った)ので最終的にゆるふわな選択肢に全員で猪突猛進してゆるふわな展開になる。ポムリアおねえちゃんの「あんたたち鈍すぎない?ヤバない?(ニュアンス)」にはめっちゃ頷いた。結局全員ゆるふわ可愛い。

 

 

セシィ、難しいことばっか言うからつまんな〜〜〜い (実姉より)

日を追うごとにセシィが弄られるくだりの笑い声が大きくなっていて微笑ましかったです。真面目にやってるから可愛いしラブい。

「姉さん、姉さんは男の体に入る負担がどれだけのものか分かっているのか?」「女の魂が男の体に入るということはウンヌンカンヌン」「セシィ」「え?」「ウザイ」

月曜日はこの「ウザイ」でしか笑い声は起きていなかったのに木曜日にはそのあとの真面目パート・「たとえウザイと言われようと引き下がるわけにはいかない!」というカッコイイセリフでも笑いが起きていて「セシィ愛されてるな」って思いました。

何かとクールキャラっぽいのにお茶目な役回りで、ペポの体に乗り移ったらお腹が空いて一本満足バーみたいなのガジガジ食べるし、それで元の体に戻ったら「食べすぎた…」ってお腹痛くなってるし!ドジか!ずるい!(ずるい!)

あれはペポもずるいな。青い子たちずるい(スキ)!

 

リッキーせんせ〜〜〜!サティくん、体変えてま〜〜〜す!

サティくんの顔の雰囲気がいくみんに似ていました(ニュアンスです)。

そして歌い出した声が優しくてさらにその思いを強めることになりました。サティくんことルカルカ、今回あの3人のハイパーわちゃわちゃに混ざることはなかったので次回の公演に期待大です。

でも最後のくだりでみんなに「え〜〜〜?本当に気づいてなかったの〜〜〜〜!?」って言ってるところにゆるふわ感感じて4人のハイわちゃ(もう省略した)観たいなって思った。

 

前前前代未聞の運び屋アイドル!ポムポミ!

ポムリアおねえちゃんに対するスキがすごい。かいたくんに対するスキもすごい。ポミィのいろんな思いの詰まった笑顔もすごい。ピンク振り続けた。

ビジューをまさに『見つけてくれる』感じで丁寧にファンサをキメるポミィさん。

弟たちをからかいながら?見守りながら!無敵に素敵でアイドルし続けたポムリアおねえさん。

そう、彼女はやっと見つけたお姫様・・・ビッグラブ・・・。

12日の公演のカーテンコール挨拶のコメントで「ポムリアの役作りにはディズニープリンセスを参考にしました」って言っててなるほどガッテン承知でした。

ポミィに乗り移って目覚めた時の曲が、すっごくディズニーだった。

個人的には決勝戦のパフォーマンスが終わってポミィから、またポムリアになった時の立ち姿の違いに、かいたくんの演じ分けをとっても感じました。

 

どうしてこんなにヴィーちゃんのことが!ホセのことが!

ヴィーちゃんことヴィーの立ち回りの愉快さとダブルワークのお衣装が「世の真理とはこういうことだ。カワイイは正義」を体現したかのように似合うのマジでヤバかった。ダブルワーク(ポムリアとヴィーのユニット)のお二人が終始わちゃってるの眼福と心洗われのシーソーゲームでした。どっちに傾いてもそこには癒ししかない。

ヴィーちゃんの恋心を応援し隊(もう決着がついているのかは知らないです)。

とにかくダブルワーク、すごい麻薬です。

 

www.youtube.com

 

ホセさんに関しては、毎日飽きの子ないパンチの効いたMCありがとうございました。

三浦くんのことも神輿担いでくださってありがとうございました。

あんなに「ひろき」コールを強要されるとは思ってもいなかったし「ひろきのストールになりたいよね!?」とか張り合われる(???)とは思ってませんでした。

 

ARBPは不滅/リッキーの流儀

土曜日には、ローザの魂のことを「すっごく綺麗だね」って言うマーニィの一言をやっと咀嚼してじんわりきちゃいました。

腐らず、諦めず、「チャンスは平等にやってくる」って本気で伝えてくるローザ。

その想いがリッキーに伝わって、でもそこでリッキーは甘んじて負けを受け入れるわけではなく、あくまで「自分の流儀」を貫いているんだというていでマイクを握るに至った。あの「勝ち負け」で言えばなところを、あえて勝ち負けでない風に描いているところにこの作品のいい意味での「ゆるっとふわっとみんなすき」を感じました。

 

ペポは役得すぎる。「サイコロステーキ」「あんかけチャーハン」「中華丼(すいません定かじゃない)」

とにかくなんか食べたいってとこを日替わりにするの愉快だからずるい!ライブパートのコールアピールでビジューのコールをパクッと一口でいただくのずるい!まいう〜!

 

アビスはエリィの憑依芸うますぎるし顔で踊ってる感じが愉快だからずるい!「いじわる問題だ〜〜〜!」はずるい。

 

ブランは「ライセデアオウ!」も「キヲオトスナヨ!」もずるいし最後のライブパート冥王花月(?)でキメてくるとこもずるかったです。

 

きみのその輝き、忘れられないね

『With you』(カーテンコールの後のオーラス曲)の歌詞、ちゃんと聞き取れなかったんですけど(曲名が『ビジュー』に最初聞こえてそれもそれで納得してた)(今調べてみたんですけど公式歌詞が見当たらないので記憶のみですいません)

遠く先 目線は

的なフレーズがあったように思います。あそこのメロディーのキラキラ明るい感じと、前を見据えている振りが印象的で、最後まで「ひかり」を探しているように思えました。

欲しいものは、ヒトツダケ。アンプラネットのキャッチコピーはそう銘打っているはずなのに!全部全部取り零さずに、拾っていっているように思えた。

いや、もしかしたら!「ヒトツダケ」を原動力に前を見据えているからこそ、「ぜんぶ」拾い集めていけるのかもしれない。そんな暖かさに、きらめきに!これからも触れたいです。

 

三浦くんpetit・第三惑星のキューティーボーイ!

上述からもわかるように「アンプラヤベ〜〜〜〜」だけでこのエントリ突き進んできたんですけど三浦くんもしっかり観ました。ちゃんと「ひろき!」ってコールしてきました。基本的に「テレテレ😳」してるキャワイイ三浦くんを調査してきました!ドンドコドン!

 

6・12のプリチーボーイ

・「借りてきた猫」よろしくテレテレしている

・お洋服。スーツ。脳内号泣のラニーナ。

・フォーマル!似合うんだって!

・カジュアルも可愛いですがチムライ氷帝の時にアニメマシテに出た時のようなお洋服着てるのがスキ(ど〜でもいいなマジで)

・テレテレしているので歓声も「どう上げたものか」な客席

・まさかのホセさん、「ホラひろきって!」

・わたし「ひ、ひろき!!!(お、おお…???)」

・「いくみんと調査してるうちに〜」

・「どお(←この言い方ポイントです)しても出たくなって!アレヤコレヤ裏の手を使って!出ることになりました!(ニュアンス)」

・わたし「(お、おお・・・???)」

・曲は三日月さんの「好きさ 君が好きさ」

・金髪とキャメル色?薄ベージュ?のスーツが合うんだなコレが!

・すっごくスタイル良く見えたのでこれからも色素薄い系コーデ貫いて欲しい

・ファンサで照れる

・マイクスタンドでのパフォーマンスで照れる

・終始照れているので少し振りが小さく感じました

・間奏でスタンド脇に置いて飛ぶ(飛んだ)

・大サビ前のキメでモデル座りキメる

・ホストかな・・・?と思い始める

源氏名を考える暇もないままアウトロドン

・テレテレ去っていく

・「地球でお会いしましょう!」

・そっか!ここは銀河だった!(ハッ!)

 

6・15のプリチーボーイ

・テレテレ出てくる

・ホセも我々もノリノリで「ひろきー!」と呼ぶ

・ニコニコしている

・ニコテレ割合的に3:7くらいでした

・「井阪くんと〜」

・わたし「いくみんと距離を置く三浦くん、珍しい(そこじゃない)」

・振りが大きくなっている(少し慣れたのかな!)

・やっとキスの振りに思い至る

・可愛い(カワイイ)

・確かに超絶プリチーだな

・でも確かに確かに!キューティーなんだけど!

「キレイ」というイメージが先行していると自分で認識する

・これは「ヅカみ」では?という問いに至る

 

 

(閑話)モーニン・ロシアンキューティー

 

 

 

 正直わたしはロシアンヤンキーくんについては、いつぞやの金髪ふるたかずき氏で身長なども含めて考えていましたがアガペー踊ってほしさはありますね(本編きちんと観てません)

誰とも交わらず突き進む孤高さとユリオの持つアガペーによく似たスピリットを持っているので三浦くんユーリ、アリじゃないでしょうか(本編を観ます)

 動揺していました(わたしの話です)。

 

6・17のプリチーボーイ(マチネ)

・テレの中に「慣れてきたぞ!」的オーラを感じる

再三カーテンコールで「慣れてきました!」を聞いたなって思う

・「裏の手」ではなく「リッキーさんにお願いして出演できることになった」と、"「表の手」を使った"に理由が変更になる。

・ホセが三浦くんを賛美する際三浦くんの周りを回るなどする

・曲前、マイクスタンドに手を置いて「僕を、見つめてて」っていう前に目を伏せているのを視認して心がシュシュっとする

・わたし的ベストジャンプ、マチネ!(ステージセンタードンピシャ一番高い!)

・足をグルンと回して体を回転させるのもわたし的ベストでした

・いかんせんファンサの時の照れ照れテッテレー感がカワイイ

・ホセ「ひろきのストールになりたい!!!」

・わたし「??????????わかるけどえっと???????????」

・三浦くん、ストールでホセをペシペシ攻撃する

・そのやり方、いとも大胆不敵に華麗(顔めがけてやってる)

・やってることのわんぱく感に「おいお〜〜〜〜い」と思いつつ「ストールになりたい発言」が尾を引く

 

6・17のプリチーボーイ(ソワレ)

・☝️これがすべて。

・か〜んじ〜ることっさ〜それがす〜べってさ〜も〜っとドキドキ〜〜〜ずっとキ〜ミ〜と〜〜〜(福山雅治/それがすべてさ)!

・わたしの脳内ではハンサムたちのカバーバージョンが流れる(それがすべてさの話です)

・吉沢のお亮の百文オペラのチケットを取っていないことに今更気づく(このエントリを書いている今の話です)

・ヤバイ(百文オペラの話です)(ハナシチガ〜〜〜〜〜ウ)(CV.ブラン)

・ホセは三浦くんをカワイイとラベリングすることにどうしてもこだわっているんですけど三浦くんは「フンッ」ってあの高貴なおキャット様みを醸し出しているからいつホセを引っ掻くかヒヤヒヤしていました(???)(三浦くん猫じゃない)

・そんなことはありませんでした(猫じゃない)

・エリィと三浦くんについて

キューティー総論 💘

 

 句読点を打つ時の、息の置き方も健在で、あの三浦くんの母音を目の当たりに(?)するたびに「あ〜三浦くんだな〜!」って思いますね。

 

 

三浦宏規くんお疲れ様でした。マジでフォーマルが似合うキュルキュルおめめのおキャット様を、次は青年館で観る8月を糧に。わたしもやることをやっていきます。

 

それではまた!げっとすた〜🌟で「アン!プラ!ネット!」とコール出来る日を楽しみに!生きるぜ!ラニーナでした!

 

▼先行配信!決まってます!興味を持たれた方!是非!

アイドルステージシリーズ×アニメイトチャンネル ミュージカライブ『アンプラネット―ボクの名は―』上演記念フェア決定!

 

 

 

👾参考資料

(まだこれしか読んでません)

www.miraikanai.ch

 

(前半)ミュージカライブ『アンプラネット―ボクの名は―』 開幕&ゲネプロレポート

(後半)ミュージカライブ『アンプラネット―ボクの名は―』 ゲネプロレポート続報

 

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「春のめざめ」

 

 

どうもこんにちは。リリカルな成年済オタク・ラニーナです💃ドリライが終わりましたが!わたしは元気です。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

山吹六角氷帝、そして青学!超超超激アツビッグドリームでしたね(???)

そして今日(6/12)はアンプラ三浦くんゲスト回初日!

アンプラ鑑賞前に「これだけは」と思っていたのですが見事に次の日を迎える運びとなりました(6/13に加筆しています)。まあいいでしょう。相手にとって不足なし!(???)今から元気に春めざくんのはなしをします。

 

 

 KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「春のめざめ」

 

www.harumeza.jp

 

 親愛なる君を葬る。それは、装われた、けれど全うすべき義務だった。

 

 一人、また一人と、同じ制服に身を包んだ「生徒たち」が客席に座る。彼らは「客席」に同化している。入り口に寄りかかり、佇む者。足早に歩く者。客席で息を潜めていた者。そして、それは穏やかに始まったかのように見えた。しかし、音から、音へ、光は、暗い中点滅する。不穏な音律は解放へと蠢く無垢な者たちと踊る。

皆、「生徒たち」はなにかを畏れている。成長か、抑圧か。はたまた、”そうあるべき”という自身の「機能」、「本能」にか。

少年は”おとな”に準えられたいと望んだのか?それともーーー

 

あらすじ

ドイツ。とあるギムナジウムに通う優等生のメルヒオールは、友人で自分とは対照的に劣等生のモーリッツに「子供の作り方」を教えてやると言う。幼馴染のヴェントラは母親に「赤ちゃんの作り方」を聞くがそのことを母親は「罪だ」とでも言うように教えてはくれない。そんな中、モーリッツは落第を逃れたことに歓喜しながら仲間内で「落第するとわかったら死ぬつもりだった」と言ってみせるが-----

 

 

 原作を読んでから観劇しました。なぜか。要は「THE・気分」なのですが、「せっかく原作があるのだから、自分の中でその世界を構築してから差異を楽しもう」と言うのが一番の理由ですね。悪童日記*1も原作読んでから行きました。

 

観劇と映画鑑賞における自分のスタンスの相違の中で、不思議だなと思うこと。それは、映画は原作ありきの作品に対し「予習せずに行ってワクワクしたい」と思うのに、観劇の場合は「ぜひ予習してから行きたいな」と思うこと。  なんだろ〜なこの違い!

 

そう考えてみた時に、わたしは自分が、ほぼほぼ映画の性質を「点と線」の世界と捉えていることに気がつきました。二次元。

 

舞台は身体と言語の結合から生まれる奥行きがある。それを三次元的だと捉えている確信が自分の中にあるわけではないんですけども。(演劇に二次元的遠近感?を取り込もうとする試みも面白そう)(って思うんですがいかんせんまだ浅学ですね)

でも少なくともそう感じているところはあるかも?ないかも?か〜んわきゅうだいっ!でした。アブストラクトはここまでにして!表題へ。

 

 

装われた義務のこと

この作品を通して。おとなになることは義務なのか・機能なのか。 ぼくには一体全体わからないや、とわたしの中の春めざくんが言います。 春めざくんは、おとなになりたくないわたしの友達です。 けれどもうわたしはおとなになってしまいました。今このエントリは、おとなではないわたしを"装った"わたしが書いています。装うとはどういうことか?もちろん擬制。ふりをすることです。

「ねえ、"ふり"って『そうではないものがあたかもそうであるように見せかけること』じゃなかったっけ?」(CV.ふるたかずき氏)

そう、もちろんわたしはもうこどもではないのでした。最近気づいたのですが、わたしはわたしが思う以上に、ずっとこどもでいたいっぽいです。ヤバイですね(???)ま〜それは置いておいたとしても、わたしはもうこどもではありません。わたしがいくらこどもでいたいと思っても。では、ラストチャプターのメルヒオールは、紳士に連れられて何処に行くのでしょう。ラストチャプター、かの友人との決別を中心に、とりあえずお話しします。

 

白濁のこと

  舞台上で、幾度となく行われたペンキ?塗料?を塗りたくる表現。モラルと白濁の表現だと思った。どちらも、演者の解放へ向かう心と身体の動きに基づいている。

 

葬るというイニシエーション

このエントリの表題の「葬る」は実際にメルヒオールがモーリッツを葬ったという意味ではなく、このラストチャプターが、メルヒオールがメルヒオールの中でただしくモーリッツを葬るというイニシエーションだったということと結論づけたゆえの表現である。

 

 「生」の戯曲としての春のめざめ

生は「性」自体を内包している。  おとなになること。それは、子供にとっては『抑圧されるべき正しい権利義務』であり大人にとっては『正しい機能ゆえに抑圧すべき』ものだ。 おとなと子供の相容れなさの本質はここにあるし、誰もその中道を求めていない。 劇的におとなになったと考えるひと、ゆるやかに上りつめ、「ああここが丘の上が」とこれまでの道程を臨んでやっと理解するひと、ひとそれぞれではありますが。

 

メルヒオールはがむしゃらに欲求を振り回した。そして過ちを犯し、友を亡くし、愛してはいなかった少女の存在も同じくこの世から消えたことを知る。

 

モーリッツはがむしゃらに欲求を振り回した。いとも容易く宵闇で銃声を轟かせた。彼なりの葛藤ゆえだとしても、それはいとも容易く、子供らしく安直に"死"の誘いの受けたかようにも思えた。そしてその後彼は、腐り落ちる身体と色褪せぬ後悔とを抱え、友を待ち、決別を誓う。

 

ヴェントラは欲求とはなにかを知らなかった。知らないままぶたれ、犯され、死んだ。しかし彼女は知らないままでいることを望んでいたのではなく、ただしく、こどもとして知るという権利を望んだ。

 

メルヒオールがモーリッツの手を取らなかったのではない。 モーリッツこそが、メルヒオールからの決別を誓い、それを受け入れた。そう感じた。  最後の独白、あの、モーリッツが自分の腐敗する体を抱きしめたあの夜には星がきらめいていてほしいと、なぜだかそう思った。

 

ナイトメア・ビフォア・クリスマスのテイストの挿絵が欲しい(個人的意見)

ナイトメア・ビフォア・アドレセンスって感じでした。

 

 そして場面転換時、SEとして、ずっと風の音が聞こえていたように思う。  あの風は、時にはメルヒオールを追いかける"不穏"な追い風で、時には彼をモラルなき森からの解放へと導く追い風だった。白濁と、モラルと義務、そして風の音。春のめざめは、紛れもなく、「生」のための戯曲である。

 

おわりに/わたしと春めざくん(雑感)

 

イルゼ、超好き!!!!! イルゼ〜〜〜〜〜〜!!!俺だ〜〜〜〜〜!!!とゆ〜感じです(また思い出したら追記します)。

あと、アクリルの後ろで繰り広げられるのは"子供"そして"生徒たち"が本当だったら触れることのない"死"や"性"だったんだ〜と思いますね。男女の営みや、モーリッツ、ヴェントラの死の演出も板一枚通すことですこし距離があることが文体だけでは表現し得ない遠近感を出していた。もちろん少年たちの自慰行為がアクリルのこちら側で行われていたのは、彼ら自身が触れている"性そのもの"だったからだ!

あとは"大人たち"、良い!感情が、良い(また思い出したら以下略)

そしてラストチャプターに関しては、やはり紳士がめっちゃ好きです。身毒丸でも、ローゼンメイデンでも「お会いしたか?」と思ってしまうような、お話の風呂敷をたたんでくれる案内人(言い方)。原作読んだときはその立ち位置にこの紳士がいるんだ!みたいな気持ちだったんですけど。観劇して考えが変化しました。彼は良い意味で、メルヒオールとモーリッツの"ただの見届け人"でした。身毒丸でも、ローゼンメイデンでも、あのような「紳士」はそりゃどちらかと言えば観測者側だろう?いや〜わかる。わかるんだけど!「春めざくん」が「無機と魂」の戯曲(ローゼンメイデン/2秒で考えた)でも、「円環と呪い」の戯曲(身毒丸/10秒かかった)でもない理由がここにあると思うのです。あの紳士の眼差しには、メルヒオール、"おとなになる子供"への慈愛があった。好奇や客観を捨てた眼差し。そこが「春めざくん」が「生」の戯曲たる所以なんだ。「あの紳士はメルヒオールのなんやねんな?  」と思った時に、上述したおとなと子供の相容れない隙間を繋ぐ幻想としての紳士なのかな、とちょっと考えました。わたしの個人的意見です。みんなの話も聞きたいな。春めざく〜〜〜ん!

 

 

 

春めざくんはツンとしたシニカルなやつです。 めちゃめちゃツンとしてる。  1人で本を読み、小鳥と戯れ、口笛を吹くような少年です。どことなくメルヒオールに似ている。しかし、彼はメルヒオールではない! わたしの中の春めざくんは、メルヒオールのように欲望を振りかざすのではなく、その"欲望"を笑いながらそっとつまんで、手のひらの上で遊ばせるような、余裕綽々の男の子です。春めざくんは「欲望」が何かを知っている。それが「無機」ではない、血の通ったものであることも。メルヒオールのように、文字という無機から「欲望」に触れたわけではないようです。しかし春めざくんとメルヒオール。この2人がいるからこそこの戯曲は成り立っている。子供は「おとなになりたい」と声高にのたまう権利と、「おとなになるべき」義務とが、自分たちにはあると考えている。だからこそ、おとなに反発し、抑圧を嫌う。けれど、おとなは知っている。それが、義務でも権利でもなく、おとなになるという、「正しい機能」でしかないということを。そしてそこから淘汰されうる存在が、この世には存在していることを。モラルを知らぬままに、星空の下、遺していった友人のことを思う軀が、そこには確かにある。

そんなおとなと子供の仲違いが、矛盾が、相反が!

内包されたこの戯曲が、これからもこうやっておとなになる子供たちの糧になりますように。

 

しそんのじゅんじゅん・いとちゃん・栗原類くんに関してはまた後日追記します!今日はここまで!ペーイ!まだまだ子供でいたい👶

わがままなラニーナでした🦄

 

 

*1:悪童日記 | TORIKO A PRODUCE

アウトプットとインプットが追いついていない。わ、わかる〜〜〜!

ドリライ直前!サー氷総復習&スタートダッシュ号

Dream Live 2017まであと3日!ヤ、ヤバ〜〜〜イ!

さて、突然ですが皆さん。下の問題を見てください。

 

【例題】

(問1)次の文章を読み《1》~《4》の単語を説明しなさい。

5月26日から始まるドリライ2017に向けて《1.サー氷》のみんなもいそいそと稽古に励んでいるようです。

《2.さっくん》も「アメブロの更新頻度を上げるね~」と間隔をあけずにブログを更新しています。テニモモバイルでは《3.アッキー》がいつも通りのテンションで『我らが部長の《4.宏規》の生態を観察してみた』といった内容のCAST BLOGを更新していて、それを読んだラニーナは「最高…」と思いました。

 

(問2)下のツイートについて「好きだ」と思うポイントを最低3点、500字以内でまとめよ。※句読点含む。

 

 

 

どうでしょう。皆さん、この問題たち、解けましたか(?)。

わたしは解けませんでした(??)。

GWも終わり、はや2週間。新生活にも慣れた頃のDL2017。わたしは初めてのDream Liveにめちゃめちゃワクワクしています。しかし、同時にこんな不安も…(???)。

 

「初めてのDL2017、何をしていいかわからない…(?)」

「みんなのレベルについていけるか不安だ(??)」

「サークルも試験も両方頑張りたい(???)」

 

わたしとおんなじような不安を抱えてらっしゃる方、いるんじゃないでしょうか。あ?ほんとですか?あ~やっぱり~!じゃあ!やっちゃいましょう!ハイパーウルトラグレートな私見によるサー氷紹介エントリ!どうぞよしなに!ありえん元気で死角なし!ラニーナです(いつも以上に自己紹介のタイミングが遅い)!

 

Dream Live 2017当日。

 

「あっ!これ『総復習&スタートダッシュ号』で見たことある問題ばっかり!」

「やったーーーーー!サー氷だーーーーーー!!サー氷好きだーーーーーー!!!」

 

と合格(?)を勝ち取れるエントリとして差がつく&狙われる問題を重点的に収録!(??)

さあ君もこの『総復習&スタートダッシュ号』を活用して、DL2017を楽しもう!(???)

 

ここまで意訳!

サー氷が好きなので自由気ままに紹介エントリを書きます!!文責:ラニーナです!!!大学でよく配られる試験過去問レクチャー教材くらいの軽いノリでサー氷の布教・新歓・プレゼンにご活用ください!!!!さあ君も今すぐコピペで友人のLINEに連投だ!!!!!

 

総復習単元「はじめてのサー氷

 

❄️みんながスキスキスキップ!なサード氷帝とは

ミュージカル「テニスの王子様」3rシーズン氷帝学園のキャスト(総勢9名)のこと。「3rdシーズンの氷帝学園中等部」なので「サー氷」というのが通称の由来である。

 

❄️キャスト

 

跡部景吾役 三浦宏規くん

忍足侑士役 井阪郁巳くん

宍戸亮役    小早川俊輔さん

芥川慈郎役 田村升吾くん

向日岳人役 北乃颯希くん

滝萩之介役 山崎晶吾さん

鳳長太郎役 渡辺碧斗くん

日吉若役    内海啓貴くん

樺地崇弘役 八巻貴紀さん

 

 

こちらの総勢9名💁

それでは上記のキャスト名を参照し、降順に参ります。

 

❄️【キャスト要点CHECK】

 

跡部景吾役・みうらひろき(三浦宏規)くん!

 

三重県出身の1999年3月24日生まれ

今日で18歳と2ヶ月🌸※5/23現在

おひつじ座🐑

 

・趣味は温泉巡り、ショッピング、料理

 

・所属はウィルビーインターナショナル

 先輩は味方良介さん。セカンドの柳生比呂士役ですね!

 

 

・(キャストからの愛称)ひろき(あだ名)みう、みうらくん、みうべ様

 あだ名は『ファンからの呼称』という意味合いで設けているカテゴリです。

 

・バレエ畑のプリンシパルボーイ

熊川哲也さんに憧れて5歳からバレエを始める。そこから、全国コンクールで入賞する・1人で上京する・バレエする。ルフィーになる。17歳の女子高生としてアクマの王子と恋に落ちる。2016年4月にミュージカル「テニスの王子様」3rdシーズン(以下、3rd)の跡部景吾役を射止める💘

 

やっぱり改めて見るとよくわかんなくてサイコーですね!途中義経になったりもしています。

 

・そんなに見つめちゃ怪我するぜ!

みうらひろきくんの魅力は「よく飛び、よく回り、そして歌う」ところ!

「歌はまだまだ」という自身の認識があるようですが、着々と確実に上手くなっている。そして声量とゆーか声の広がりがすごいです。伸びやかな母音が好き。

 

そしてイチオシポイントは「オーラが凄い」ってとこ。なんかみちゃう。

「チームライブ氷帝」(各校ごとに行われるパフォーマンスワンマンライブ)では、得意のバレエパフォーマンスだけでなく、新たなダンスの引き出しを増やし、我々オーディエンスを魅了したぜ!

 

・君に胸キュン 

その秘密はころころ変わる表情(ドーーーン)。

すました顔をお写真などでは多々見かけると思うのですが、実は・なんと・このように!

 

https://www.tennimu.com/blog/users/3rd/photo/original/3_1704120035046478.jpg

 

 

無邪気!笑顔!ベリーーーーーーーキューーーーーーーーーーートアリガトーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

 

「構ってちゃん」、「人懐っこい」。

共演者の方達から続々とそのようなタレコミが届いていますし、動いている映像を見るとわかるのですが「落ち着きとは?」としみじみ考えてさせられてしまう挙動もちらほら。普段のしっかり屋さんというイメージとのギャップも相まってソーキュートアイムソーリー…(???)

 

みうらくんはつねにきゅるきゅる(オノマトペ)と動いていましてですね。髪の毛をふるふるする。人がお話ししてる時、さらには自分がお話している時も相手の顔をすごい見る。見まくる。挙動が猫っぽくて、親しい人には生意気で。とってもカワイイです。

舞台挨拶などで見せるしっかりした部分以外に、あなたも胸キュン!

 

🌱まとめ:ギャップでイチコロ!みうBABY

 

 次のお仕事:ミュージカライブ『アンプラネット―ボクの名は―』

www.nelke.co.jp

ネルケプランニングの「ドルステ」シリーズ。

忍足侑士役のいくみんの応援している*1セシィくんと共演します!

(※みうらくんは日替わりゲストです)

 

忍足侑士役・いさかいくみ(井阪郁巳)くん!

 ・奈良県出身の1996年2月3日生まれ

21歳。みずがめ座。身長は183cm!おっきいな〜!

2011年にジュノンボーイ(準グランプリ)に輝いた!イエ~~~イ!

趣味・特技は野球・マラソン・バスケット・サッカー観戦。つまりサッカーだけはやらない。観る。わかりました!(?)

朝ドラに出ることが夢であり目標のいくみくんをどうぞよろしくお願いします。

 

・(キャストからの愛称)いくみん・いくみ(あだ名)いくみん・仏みん・モンダミン

※最後の「モンダミン」だけ嘘です

 

 ・所属はキューブエンターテイメント

現・越前リョーマ役の阿久津仁愛くんや木戸邑弥さん、加藤諒くんなどなどが所属していますね。

 

・エアリーボイスに首ったけ

・声が優しくて、滑舌が甘くて、カワイイ

・奈良出身でボケのフリーマン

割と自在に面白いことを言います。ツッコミもできるんですがそーゆー話ではなく、優しい声の高さのおかげで何を言っても絶妙な感じになる。みんないくみんの声にめろめろ。強いて言えば我の強いサー氷の面々が繰り出すグレートウルトラハイパーボケ(ボケを一回のターンで複数回挟み込む大技)にはその声質のために1人で太刀打ちできないこともしばしば。その場合には他の関西の面々が駆け付ける。主にやかわさんとさっくん。そして声だけじゃなくてマジで優しくてオカンというか仏なので「仏みん」と呼ばれたりしている。「そんな優しい声で忍足が務まるの?」そう思われた方もいらっしゃるでしょう。いやまああの....聞いてくださいよ…いくみん、声、変えてくるねん....。ええ声ですよ!

ダンデビでは声の高い(地声)のカワイイいくみんが観れる!みうらくんの活躍とあわせてご覧ください*2

 

🌱まとめ:これがウチ(サー氷)の『やさしい天才』・いくみやで。

 

次のお仕事:ミュージカライブ『アンプラネット―ボクの名は―』

www.nelke.co.jp
いくみんの応援している準惑星アイドル・セシィくんとみうらくんが共演するようです!

 

宍戸亮役・こばやかわしゅんすけ(小早川俊輔)さん!

 ・大阪府出身の1993年10月12日生まれ

24歳。てんびん座。趣味は映画・戯曲・シナリオ鑑賞。特技はバク転・バク宙・運動全般。そして取得資格が普通免許・英検2級。ヨーメーン(???)苦手なものはクラシック音楽。寝ちゃうのかな?大学進学のため上京*3

 

・(キャストからの愛称)しゅんくん(あだ名)やかわさん

 

・「猫のひたいほどワイド」水曜日の現レギュラー

www.tvk-yokohama.com

猫の手も借り隊として活躍しています!

猫の手も借り隊、とは
TV・映画・舞台などで活躍する若手俳優12名で構成されるリポーター集団。
彼らのリポート精神は【誠実】【丁寧】【真心】。
気になる情報の取材はもちろん、「繁忙期のお店を手伝って!」「犬の散歩をお願い!」など、まさに猫の手も借りたい番組サポーターからのあらゆる要望にお応えします。

・所属はスタッフ・アップ

 先輩に田辺誠一さんがいますね。よし、やかわパイセンもスタンプだそう!

 

・熱くて研究熱心!

やかわパイセンの魅力は、何と言ってもキャラ研究と、面白いところと、ガッツのある声とガヤのうまさですね。ガヤのうまさと面白いところは重複していることにならないかって?バーロー♡見逃してくれ♡(CV.高山みなみ

 

後述する参考資料「その瞬間!氷帝メンバーの、、ここにフォーリンラブ!!!」(以下、フォーリンラブ)は、テニミュブログの中でやかわさんが手がけたフォーリンラブという「サー氷キャストガチ推し推薦文(ブログ記事)」のこと。「フォーリンラブ」の元ネタは宍戸さんのアルバム収録曲・先日のチムライでもあきよしくんと一緒に「やれ!Do it! 」ネタを披露。

 

 

宍戸さんの声優を務める楠田さんにも積極的にお話を聞いたりと、キャラ研究に余念がありません。もともと演劇畑ということもあってか、マジでやかわさんのストレートプレイみたいです(願望)。

あと個人的に、いくみんがボケに回った時にやかわパイセンが回すスタイルが好きです。いくみんとパイセンが一緒になると相性がいいといいますか、いくみんが自由になるので面白いです(フリーマン!)。

 

テニミュキャスト、ひいては2.5次元作品における「原作リスペクト」の精神の重要性は大前提だとしても!聞いてくださってありがとうございました😉

 

次のお仕事:舞台『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』

エピソード3・4

舞台『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』公式サイト

 

まつりかちゃん(テニプリが義務教育なマブダチ・不二クラスタ)から来たLINE

まつりかちゃん「みやのまもるが、小早川になった…

わたし「ヤバイ」

※やかわのこばしゅん先輩が演じるキャラクターの声優を務めているのが宮野真守さん

 現場からは以上です。

 

芥川慈郎役・たむらしょうご(田村升吾)くん! 

・栃木県出身の1998年5月30日生まれ

18歳。ふたご座。身長は170㎝。絶賛成長したりするんでしょうか。そのままでいいよ。趣味、おしゃれは好きなようですが趣味に対する言及…は…。

ameblo.jp

正直「楽しい〜!」と全てにおいて笑顔で言ってくれるたむらくんなのでわかりません。言及他にしてたら教えてください。

 

・所属はワタナベエンターテイメント!

菊丸英二役の永田聖一朗くんや城田優さんやもうなんやかんやわっかんないですね〜!ワタナベ、人が多すぎる。

たむらくんはDステを観に行ったりしてるのでそういうことだと思います(???)。

 

・(コラム)わたしの右脳がヤバイ

たむらくんはみうらくんと同い年の18歳!(たむらくんの方が誕生日はやいのでみうらくんが厳密な最年少ではあるのですが)マジ激アツなのがこの2人が、キャスト内最年少ライン(1998年4月〜1999年3月生まれ)で!

実力主義氷帝学園のNo. 1、No.2である跡部景吾と芥川慈郎を務めていることです!

死を感じるし右脳がヤバイ(ヤバイ)

コラム〜完〜

 

(キャストからの愛称)ちゃん、ちゃムラ、しょーちゃん(あだ名)たむたむ、たむ、たむしょ、しょうごくん

・あだ名の豊富さ

たむらくんはあだなが多いというか、変遷がすごい。サー氷にはしょうごが2人いる(滝役のやまざきしょうごさん)という理由から、当初「しょうごちゃん」→「ちゃん」という流れで「ちゃん」って呼ばれてました~!キャストにだよ!?もはや本名の要素どこにもないね!?この間から嫌がり始めたゆえにやかわさんがフォーリンラブ内で「ちゃムラ(「ちゃん」と「田村」を掛け合わせたもの)」を提案しておりました。結論:普及しているかは微妙。

 

個人的にはたむ、たむしょ、しょ~ごくんって呼んでるけど界隈も割れてるなって感じです。定まらぬ。この前たむらくん自身がブログで「皆さん僕のことなんて呼んでくれてますか?」聞いてくれたのですがやはり「コレだ!」とガンギマリした感触はない。たむたむ、たむしょ、しょ~ちゃん…なんでもカワイイけどね(そういう話じゃない)。そしてそして~~!

 

・ポテンシャルを秘めたファンタジスタ

関東氷帝、六角を経て、チームライブで確信したたむらくんの成長!どんどんおっきくなっていく背中を追いかけている気持ちが強いです。今になって思えば、バラスマ氷帝ビリヤードトーナメントでの成長速度が彼のポテンシャルの高さを示唆していたと言っても過言ではない気がします。

 

トークはテクニックより感覚で盛り上げて(引っ掻き回してくれて)いるイメージですが、ぶっちゃけどこまで計算かわかんないよ〜〜〜!可愛いしまっすぐだしとりあえず六角のバクステに収録されているであろう「泣いてないっすよ」がはちゃめちゃ気になるところです(下の動画の02:43からどうぞ)。

 

youtu.be

 

たむらくんの次のお仕事が楽しみです🌟 

今後もふわふわと掻き回すスーパー能力の両方をうまく伸ばしてね!

 

🌱まとめ:計算?感覚!?たむに感嘆符!!!

 

向日岳人役・きたのさつき(北乃颯希)くん!

大阪府出身の1995年9月14日生まれ

21歳。おとめ座。身長は171㎝。たむらくんと1㎝違いなの!?もっとおっきいイメージでした。趣味と特技はなんとも氷帝のダンス番長なだけあるという感じなのですが!

 

趣味・特技:ダンス 12年、

       アクロバット 6年、
       スノーボード 14年
       サッカー 9年
       殺陣 2年
       短距離走 6.3秒

 

 所属事務所、年数まで書いてるのすごいし、短距離走のタイム最高か。

 

・所属はNo.9

元々は関西ジャニーズJr.で北浦颯希というお名前で活動をしていたみたいです。

パフォーマンス力の源はそこだったんですね。オーマイさっくん

 

・(キャストからの愛称)さっくん・さっちゃん・さつき(あだ名)さっくん

 

・うまい!すごい!はやい!ボケの処理の話です♡

個人的意見ですが実物が写真の百倍カワイイ。

「眉毛ボーン」で「声カッスカス」って自分で言ってるしそのようにイジられてはおりますが、彼の滑舌、安心しますね。

そしてあいつはあいつはかわいい〜!トークを回すのが上手い〜!おおさーかのおとこのこ~~~♪(年下の男の子のメロディでどうぞ)

氷帝のアクロバティック担当。

関東氷帝、六角そしてチムライを経て、がっくんみが増し増しています。ガヤが楽しい。宍戸忍足がっくんで回すガヤとツッコミ。いやガヤも務めてはいるんですけど。いくみんが拾いきれないボケを、雑に(この雑さもいい)されどきちんと拾っていく。なにせ数が多いからね!(ボケの)

がっくんことさっくんは、いい意味で一言多いので、潤滑油感がすごいです。

観客へのツッコミも忘れないタイプなのがやかわさんとさっくん。スキですね。

 

 

🌱まとめ:ナニワの頼れるボケリベロ!もっと拾ってみそ!

 

次のお仕事:舞台『イムリ

butai-imuri.com

漫画原作の舞台。ジャンルはSFファンタジー💫

ハッ!2.5次元か!日吉若役のあきよしくんと共演です!

チーム・セッカチ!

 
滝萩之介役・やまざきしょうご(山﨑晶吾)さん!

大阪府出身の1992年4月2日生まれの25歳

おひつじ座。身長は175cm。特技は空手・バスケットボール(空手???)で趣味はボルダリング・映画鑑賞・サーフィン(サーフィン???)!取得資格は美容師免許・空手初段。…美容師免許と空手初段が共在するやまざきしょうごという存在、チートじゃん。

 

・所属はブリリアント・シー

元々はモデル業をやっていたそうです。

 

・(キャストからの愛称)しょうご・しょうごくん・しょうくん (あだ名)しょうごさん・やましょ〜(くん・さん・敬称無し)

 

・ゆるっとさらっと!わけわからん!もうひとりのしょうご!

イケメンですね。顔がいい。でもいいのは顔だけじゃなくて~!先代のリョーマであるふるたかずき氏、「いいもの」しか「いい」と言わないふるたかずき氏に、「滝、すごくすき」と言わしめたしょうごさん。ブログではゆるっとふわっとめっちゃかわいい絵文字使ってくるので「???ゆるふわ???しょごプラネットのしょごキングダムからやってきた宇宙人???」かと思いきやめっちゃ滝のこと考えてる。え?どっちが本当の…しょうごさんなの…?

 

ameblo.jp

あ、どっちもだ(ベストアンサー)。え?ペンギンさん(育て始めた植物)のお名前、ファンの方達から募集したのしょうごさんじゃんね?どうしてそうなる(クリックしてみてください)?

 

 

・やっぱりわからん!リターンズ

しょうごさんはツッコミがどうとかではなく「とりあえずボケ」。というかなんというか〜〜〜人に被せてこう、笑いを取るタイプなんですけどマジでヤベ~~~。あと感覚の男であるというか、いるだけで和むというか、最高です。

ここまで雑かと思いますか?いえいえ違います。なんとゆーか、このしょうごさんというお方!

アバウトにしか測れないんですよ…(ガチの悩み)。

 

チムライでしょうごさんが段取りを間違えた時、お芝居パートだったんですけど「あ、間違えちゃった」って言ったしょうごさんをなんだかすんなり受け入れてしまいましたからね。間違えたのはしょうがない。アチャ〜とも思わず和んでしまった。

 

ジロー役のたむらくん(もうひとりのしょうご)と一緒で、ふわふわにみえて実は中身も…甘々なシュークリーム系男子です(ロールキャベツではない※ここ重要)。

まあそれだけでは終わらないところも含めて「ふたりのしょうご」は似ていると言えるでしょう(ドヤ顔)。

 

しょうごさんは、気品溢れる(マダムみがある)滝を見事に演じているんですが、メイクを取るとただのイケメンなのでよくわからない。そして滝の中の泥臭さも感じ取って演技してる。すごい。わからない。でも中身は主にゆるふわ(よくわからないけどカワイイ)。中身マジで謎だ。

みうらくんもフォーリンラブ内のインタビューで「しょーくんが何を考えてるかわからない」って言ってて最高に「わかる」だった。「わからない」がわかる。

 

🌱まとめ:ゆるっと、ふわっと、時々、キリッ。

 

次のお仕事:WBB vol.12 『ミクロワールド・ファンタジア』

WBB/WATER BIG BROTHERS

出、出〜〜〜!傑尼斯若手俳優橋架夢溢豪華競演、出、出〜〜〜〜〜!!!

ジャニーズと若手俳優の奇跡のブリッジ科目(???)科目ではない。

詳細が楽しみです。

 

 
鳳長太郎役・わたなべあおと(渡辺碧斗)くん!

・東京都出身の1998年1月19日生まれ

19歳。山羊座。A型。180cm。た、たか〜〜〜い!

 

ていうかそんなことより聞いてくださいよ。趣味「テニス、ダンス、水泳」(所属事務所公式より)。まあこれはいい。たとえRの法則6期メンバーであるあおとくんが「バカッコイイ動画」なるものの中で、バケツにテニスボールを一球入魂さながら入れようとしてそのほかの子達のチャレンジより明らかに失敗数が多かったとしてもまあいいでしょう。しかし問題のそのRの法則の紹介によれば!?

 得意分野:ダンス・テニス・年上に甘えること

 ハイ〜〜〜!長太郎に度肝を抜かれました〜〜〜!!ハイボール追加で〜〜〜!!!(店員のお姉さんに向かって手を挙げながら)

 

ちょっとよくわかんないところがあるので挙手します。直裁な言い方をしますがあおとくんちょっとサイコ(パース)じゃないですか?いやもちろん…年相応カワイイとこあるけど…だってわけわかんない…。今一番欲しいもの:世界平和と謳う鳳長太郎みがある。

 

好きなモノ:買い物・絶叫アトラクション

 その前の項目で大火傷をしましたが、ここでは深手を負わずにすみました。絶叫アトラクション、いいよね!

 

・所属はBACSエンターテイメント

小沢廉くんさんさまがいますね。一緒のユニットで活動もしていたようです。

 

・(キャストからの愛称)あおと(あだ名)あおと

ひよこに似ていると言われています🐥特にお口…?

 

 

・あっさりさっぱりあおとくん

無茶振りにも答えるし関西組にきちんとついてくんですけど、よく笑い死んでいます。あおとくんは年下組だけど、従属する(ニュアンス)だけでなく、なんとゆーか、きちんと自分の意見を持っています。こだわり。あおとくんの「頑固」な側面は、笑い話の中で語られていたけど、その頑固さがいい感じで演技にも出ている気がします(基本口答えしないけど、ちゃんと自分の意見を言う)。

あおとは年下組だけど的ポイントその2としては、「あおとは年下組だけど」、構ってちゃんとゆーわけでなく、ある種ドライで快活な感じ、年上もイジれます。どうだすごいだろう。

 

・(コラム)将来イケメンでしかなくてこわい

右脳がヤバイ(直訳:個人的イメージな)んですけど、あおとくん、将来イケメンでしかなくてヤバイですね。さらっと人をイジることができ、得意分野は「年上に甘える」…?みんな!逃げてーーーーーーーーー!!!右脳、ヤバーーーーーーーーーーーーーーー!!!滑舌がふわっと?関係ない、かわいいぞ(改善するための努力、めざましい)。

 

🌱まとめ:ひよこの皮を被った最高サイコな長太郎(マイルド)

 

樺地崇弘役・やまきたかのり(八巻貴紀)さん!

・東京都出身の1992年11月8日生まれ

24歳。さそり座。190cm。正直謎多きやまさん。随時着用しているアニマル柄とグラサンが気になる。

 

・所属はブロッサム・エンターテイメント

 

・(キャストからの愛称)やまさん(あだ名)やまさん

 

・縁の下どころか大黒柱

年上組!お歌が上手い。故に3rd跡部ソロ曲『跡部のアリア』のバックコーラス担当。当初はみうらくんが歌うはずだったパートをやまさんが歌うことに。めっちゃすごい。ヤバイな。

 

・落とし所のスペシャリスト

やまさんは落とし所をわかってるのでキャストトークの時はめっちゃオチを作ってくれる。実家がお金持ちでこの前みうらくんとゴルフ行ってゴルフセットあげてた(???)意味わからんですね。

 

🌱まとめ:歌とトークの安定感。まさに山の如し。

 

日吉若役・うつみあきよし(内海啓貴)くん!

・神奈川県出身の1995年1月16日生まれ

22歳。山羊座。176㎝。特技はギター 、歌、作詞・ 作曲 、野球。取得資格はPADIオープンダイバー。ダ、ダイバー!?簡単に取れるの!?(友人:コナンヤクザが「簡単に取れるよ」と言っていたんですけど、むしろなんでこの資格を取ろうと思ったのかあきよしくんに聞きたいです)

 

・所属はサンズエンターテイメント

はるな愛さんがいます。もう一度言います。はるな愛さんがいます。現場からは以上です。

 

・(キャストからの愛称)あっきー(あだ名)あきよし、よし

 

・脳内「あきよしくんめっちゃすきーーーーーーーーーー!!!」

 

あきよしくんのことを考えると右脳が溶けそうになります(???)。人懐っこくていじられキャラで泣き虫!設定詰め込みすぎか!みうらくんとは4歳差なはずなのに「たまにこの人何歳かわかんなくなるけど一緒にいて楽しいし好き!」と発言をしているので「なんだろうな…」ってなりますね。文脈がわからない。

 

最近はめきめき動けるようになってきたあきよしくん。でも努力家の初心を忘れないところは関東氷帝から。先述のふるたかずき氏は関東氷帝での対戦の際、「あっきーは毎回集中力の途切れない人だった。いつも同じ熱量で試合してくれた」とおっしゃってました。

 

・あきよしくんってすごい

イジられている。イジられてしかいない。「大丈夫か?」とよく言われている。大丈夫…ではなさそうですね。いじられるのは愛ゆえだね!あきよし愛されてる!

気がつけば渦中にいるタイプで、とてもすごくいい(いい)。自ら渦中に赴く気質も持ち合わせてます!これからもそんなあきよしくんをよろしくお願いしていきます!

 

・コミュ力〜あきよしの流儀〜

西で写真を撮ってはTwitterにあげ、東に美味しいものあればいいねをし、そういうあきよしくんに、ワタシハナリタイ。

あきよしくんのツイッターのみうらくんが個人的にはその時のベストオブフォトジェニックなみうらくんであることが多いです。前エントリ*4のベストオブみうらくん、気がつけば全部あきよしくんのツイートからノミネートされてました。そしてあきよしくんのいいね欄を見れば、たいていの新発売スイーツやお菓子の情報が手に入る。劇場版銀魂の情報もね!ちなみにいくみんのいいね欄にはいきものがかりさんのツイートがあるなどとっても微笑ましいです。みんな違ってみんないい。

 

🌱まとめ:頼れるみんなのガヤ芸人!日吉あきよし元気よし!

 

次のお仕事:舞台『イムリ

butai-imuri.com

ウ~~~!チーム!セッカチ!

 

スタートダッシュ単元「これまでのサー氷!」 

❄️サー氷の!ココが凄い!

・9人中5人が関西出身!
・男兄弟感
・ボケの波乗り
・優しさの中の厳しさ
・カツラを取ってメイクも取って素で出したら氷帝の欠片もない(アニメマシテよりみうらくんの発言を引用)

 

ほんとにほんとにうるさ〜〜〜い(褒めてる)!初期、殴り合い(ガヤ)が多くて誰それの拾われない発言もちょいちょいありまして〜ヤバイテキナユキナ*5

なのでどのようにトーク(という名のコミュニケーション)が進化するか実はヤキモキしていました。だってあのままじゃドッジボール(中学年:小3〜4)って感じだったので。でもなんのことはない。サー氷はこちらの予想を軽々と超えてくる。抜群のチームワークで魅せた六角戦・榊監督の部屋タイムを経てチムライ。

 

・・・。

・・・・・?

・・・・・・・!!!

 

待って〜〜〜!?ラグビー(高等学校履修科目)になってる〜〜〜!?

 

前だけを見据えるサー氷。そうだね。ボール(ボケ・トークの流れ)は前にしか進めないよね。なんのことはない。ボケが拾えなければ拾えるようになればいいじゃない。ボケの量を少なくするという戦法は、サー氷のみんなの辞書には載っていなかった。

 

 

推測:氷帝学園中としての結束が高まった結果、拾えない時のフォローを固める。 

結果:氷帝学園中としての結束が高まった結果、拾えないことがないようにした。

 

華麗に拾い続けるさっくん、たまに拾い打ち返すいくみん。受け止め、投げ捨てるやかわパイセン。たまに後ろに走り出すたむらくんやましょ〜さん。やまさん、すげーキック打つ!待ってみうらくん!一人止まってない!?

上記は個人的感想ですが、小学生の「体育」から高校生の体育履修科目への驚きの飛び級をみせてもらいました。サー氷のココが凄い!

 

❄️ココで差がつく!サー氷おさらい!

ここからは更にピンポイント形式で特性をまとめたあとサー氷の関係性をさらっていきます。早足・駆け足・急ぎ足💨

 

(年齢降順⬇︎) 

みうらくんって?

・しっかりしたいお年頃

サード氷帝を率いるに相応しいオーラです

・まごうことなきおキャット様(本人も猫派)

かまってちゃん!かと思えばツンデレ!表情筋の使い方が猫

・無邪気にハチャメチャ年相応!

おめめパチパチ!表情筋!落ち着きがない! 

たむらくんって?

・吸引力の変わらないたむらブランド

なんでも吸収・なんでも楽しい!

・カワイイは正義

真摯とチャレンジのはざまで(カワイさの研究に余念がない)

・今後もちゃムラに期待大!

そのポテンシャルでさらなる高みへと!

あおとくんって?

・努力にあっぱれ!19歳

彼が真面目なことに疑いはありません(そこじゃない)。

・笑いのツボ浅い疑惑

みうらくんもゲラですがたむらくんとあおとくんも撃沈タイプだからヤバくない?

なんでも真面目。そして笑い死ぬ。

・頑固でサバサバボーイ

関東氷帝時、ルーティーンは歯磨きまで含めてルーティーンです(こだわりの一種かな?)! 

いくみんって?

・優しいの権化

いくみ居るところ、人集まれり --小早川之俊輔(※ニュアンス)

・声たっか!滑舌ふっわふわ!いくみやん!(???)

立派なチャームポイントです。

・隠れコミュ力モンスター

(あれれ〜?ソツなくみんなと仲良いぞ〜?) 

さっくんって?

・チャキチャキさつき節

超喋る!超動く!総じてうるさい(褒めている)!

常にふわっとニヤニヤしているのはなんでだろ〜

・しっかり者のおにいちゃん

面倒見がいい(真理)

・あとはさつきに任せとけ

隠れていないコミュ力の人

 あきよしくんって?

・素敵に元気な23歳児

アッ早生まれだ〜〜〜!この人早生まれだ〜〜〜!ゆえにまだ22歳児でした。早く大人になってくれ。いやならないで(どっちだ)!?

・神出鬼没なセルフィー魔神

顔がキレイ。自撮りがうますぎる。

・甘いものとディズニーと漫画に映画がスキ

だから設定盛り込みすぎやねん 

 

やかわさんって?

・熱血!マルチな男です

やかわさんのストレート観たいですね(願望)

・たまにあざとい

しかし理性も忘れない。

・ファンの目線もなんのその

だってーーー!正直フォーリンラブのテンション!オタクだよ!?

なんでも出木杉か!出木杉くんか!ムキーーー!

 

やまさんって?

・わんこ穏健派に見せかけた過激派

「(猫は)ダメ!だってあいつら爪痛いもん!」

・やまさんなくしてサー氷成り立たず

歌しかり、落とし所しかり、喋れない樺地としても落とし所に食い込んでくる。

・実はじゃなくてもすごい考えてます

ヤマヤマコンビ(最年長92ラインのやまさんとしょうごさん)はやはり最年長なのだった〜完〜

しょうごさんって?

・ゆるふわイケてるメンズ

 内外のギャップがすごい。

・よくわからない! 

よくながとくん(現カチロー役)をお家に泊めている。

 よくわからない!!!

・実はすごい考えてます

そーゆーギャップにやられちゃいますね。

ええ、ハイ。わからないところが魅力です。

 

 

❄️ココで差がつく!ひとことでサー氷

 

・いくみんとみうらくん!

ダンデビからの付き合いのふたり。

先輩たちのワンダフルイベント「きどみか」に出席している時期「きどみか」枠有望株のおふたり(???)

 

…(一礼して、挙手)いくひろナイト、正直あると思います(ドーーーーーーーン!!!)。サー氷ゲストによろしくね!!!(正直あ〜!以下略!)

 

さっくんとみうらくん!

いくみん大好き同盟。いや同盟じゃない敵対国家かもしれない。世界大戦は〜!起こさないで〜!!

 

 大戦ですか?いいえ、仲良しです👯‍♂️

 

・やまさんとみうらくん!

兄弟すぎる。それゆえに意外と新鮮なみうらくんの表情が垣間見えることも💡

 なかなかないちょけたお顔ですね👻

 

・しょうごさんとみうらくん!

みうらくんが"よくわからない"というしょうくんとあれ(フォーリンラブ※後述資料におけるみうらくん記事参照)から親交深まったかな〜〜〜と思っていたら!噂をすればなんとやら!

深まってる〜〜〜〜(ただし未遂)

未遂の意味はこちらからご確認ください🙇‍♀️

ameblo.jp

 

・あおとくんとみうらくん!

ドライのベクトルが似ているかも(下のツイートとは関係ありません)。

年下組特有のというと矛盾するのはわかるのですがサバサバ感が似ている。

大人になって二人がご飯に行った報告聞いたときにじんわりきちゃう気がしてきました(同意があれば教えてください(笑)※わたしはマジで笑ってます!)。

個人的には名前の呼び方が変わったことがわかるこのツイートたちがツボです💃

 

 

・やくぁさん*6とみうらくん!

・可愛がっている

・たまにマジで宍戸対跡部のノリみたいに突っ込んでいる

⇨「お前マジか?正気か?」と言いつつ可愛がっている

 

・しょうちゃんとみうらくん!

しょうちゃんと呼んでいる。

みうらくんがもう一人のしょうごさんを「しょうくん」と呼んでいることを前提に考エルともうヤバイ。カワイイなと思います。

 

ショータイムの幕開けだの画像 | 田村升吾オフィシャルブログ Powered by Ameba

 

ameblo.jp

そしてたむらくんと写っているひろきくんも独特な表情をしてくれます。同い年組の話、もっと聞きたいナ〜〜〜🥁(ドコドコドコドコ!)

とりあえず二人でお買い物に行ってください♡

 

・あきよしくんとみうらくん!

 そうですか。ありがとうございました(???)。

ここまでのCVは本田礼生様でお送りしました(あきよしくんイジり筆頭の頼れる本田のれお丸様)。

普段からみうらくんの「あっきー何歳?」とでも言いたげな挙動が目立ちますが、超超超超仲良しで本当に感謝です。世界マジ平和。大戦は起こさせません。

 (参考資料)

ameblo.jp

 

 

・さつきといくみ!

 

さっくんは過激派同担拒否気味の井阪郁巳担です。冗談を抜きにして言えば、同い年ゆえのなんでも言い合える感はあります。常に前を歩くさっくんにいくみんがニコニコついていっているようなところがスキです。

 

・あきよしくんといくみん!

ふたりが揃うと、しょーもない感が増す(褒めてる)

 

もう一度言いますがしょーもない感が増します。じわじわくるので気をつけてくださいね😜青8でいうところのいしだのしゅんくんとざいきのたくまくんの距離感と雰囲気に似ていると個人的には思っています。そのうち二人で氷帝学園中応援歌もしくはコール&レスポンス作り始めると思う。何気めっちゃ仲良いんですよね。内海!後ろ!!逃げろォォォォォォォオォォ!!!さっくんがあきよしくんの背後にいる前提の銀魂パロ)

 安心してください。仲良しですよ🔥

(メラメラカルテットごっこ*7(みうらくん・いくみん・さっくん・あきよしくんの4人におけるハイパーワチャワチャの意)を勝手にさせるタイプの人間です)

 

・あおたむいくみん(トリオ)!

しつこさが一緒。たむらくんに対するしつこさが一緒。

ameblo.jp

 

 

 何気たむらくんのことをめっちゃ構ってるところがツボです💪

 

 

・ちゃん(たむらくん)とあおとくん!

マジで仲良し。よくお泊まりするし、買い物行くし、先日は一緒に髪を切りに行っていましたね(???)

やかわさん曰く「あおとはちゃんにきちんとお兄ちゃんしてる」

 お、おお…(???)

 

・あおとくんとやかわさん

家が近い。かなり近い。いいと思う。

 マジいい意味で兄弟だと思います。

 

・たむらくんとやまさん

 やまさんも面倒見の鬼だしたむらくんのこと「いじりがいがある」と思ってそう(デジャブ)。

ameblo.jp

あおたむコンビ〜〜〜(年下を可愛がるやまさんがカワイイ)!

 

・しょうごくんとしょうごさん

ダブルしょうごの絆。よくツーショット撮ってる。

ameblo.jp

滝さんとジローちゃんの自由なテンション(サー氷チムライ)のままに行われる癒しの時間をこちらの記事から味わえます🍍🍌💨

 

・しょうごさんとやかわさん

「しゅん」ってしょうごさんが呼ぶのめっちゃスキです✌️

 

・しょうごさんとやまさん

 

 ゆーていっぱいヤマヤマツーショあるよ⛰🏔

いい距離感の代名詞、ヤマヤマコンビ(やまやまなどの表記ゆれあり)。

 

最終確認テスト「これからのサー氷!」

ハイ。お疲れ様でした。チムライ以前から「紹介エントリ」として基本情報をまとめることはやってみたいと思っていてそれを達成できたのでやった甲斐はありました💪(ちょ〜〜〜疲れた!)というか読んでる人も疲れますよね。いつもカロリー過多なエントリですいません(楽しい)!

ここまでで何人の人が脱落したことでしょう(ごめんなさい)(楽しい)。おめでとうございます!最終確認テスト!通称『おわりに』です(いつものやつ)!

 

 

まず今回、「ドリライ直前!」ということでサード氷帝学園中キャスト・通称「サー氷」を自己満足でまとめてみたことで、新たな発見をすることができました。

元々の関係性とか〜洗い直したりできたかな〜と個人的には思っていて、ギュギュッとサー氷中期(現在)までを詰め込んだので、変化がよくわかる仕様になってます(個人的に)。

 

そして改めて!今、わたしが「サー氷」をどう思ってるかという気持ちの再確認にもなりました。驚きなのが、いや当たり前ではあるのですが、自分の気持ちが3ヶ月前と全然違う気持ちなんです。だからキャストのパフォーマンスはもちろん、キャスト同士の関係性も成長しているし、それをリアルタイムで終えるってことがとても幸せをなことだということを噛み締めています。

 

 

わたしがサー氷という「チーム」において柱だと思っているところは「強いところ」です。

ameblo.jp

 

たむらくんがこのブログで言っているように「氷帝のみんなはプライドが高くて負けず嫌い」だと思います。だからこそぶつかり合って、常に上を目指している。だから「強い」し、「負けない」。

 

でも、サー氷だって最初からいくら「こうあろう・強くあろう」としていたとしても、彼らが思う強さにすぐに届いたわけじゃない。関東氷帝の頃はメンバー同士にもまだ壁・距離があって、話し合いも今現在進行中のドリライの稽古とは全く違った姿勢だったと思います。現にみうらくんは「話し合いをしよう、しようとって言ってもなかなかできない」と言ってから自分たちの世代のことを「ケータイに頼りすぎ世代」とちょっと自嘲するように笑って締めてました(WOWOWドキュメンタリーより)。

 

でも六角を経て、「仲良いだけじゃなくなってきた」上での、チムライ。

1ヶ月みっちり、稽古をして、みんなで力を合わせたことで「家族のように」なったと千秋楽の挨拶で話してくれたみうらくんをみてテニミュって、スゲ〜〜〜〜〜〜!!!」と思いました。成長するコンテンツ。そしてそのスピードはある種、「アイドルがチームとして成長していく」スピードの比じゃないのかもしれない。というか性質が違う。その速さだと追いつけないコンテンツとしての特性がある。

 

だって気付いちゃった!どうしたって「卒業する」し、青学以外のライバル校は「全国」まで間が空く。「ドリライ」を間近にしてちょっと実感が湧いてきたのであります。

 

まだまだ感傷に浸るのは時期尚早ですし、そ〜ゆ〜つもりは毛頭ないのでこの辺にして!要はですね!

 

激しくスパークルを放つ氷帝、そしてそんな氷帝に負けんばかりに輝いてくれるであろう、いや輝いてくれないと!な青学!そして最高のニコニコパフォーマーズ・山吹ニューカマー・ウキウキ六角総勢36名による夢の競演!であるところの!

Dream Live 2017が楽しみです🎉

 

🌱「Dream Live 2017」に行きたくなった方々へ

 

当日券・当日引換券もまだまだご用意されているDream Live 2017は5/26 (土)から5/28(日)までの3日間・全5公演を横浜アリーナで行います!

プリライ(うたのプリンスさまっ♪)に行くご予定ではない方、みんな来てね!!!

 

www.tennimu.com

 

今月の赤ペン先生コラム

ask.fm

△3ヶ月前の所感です。少しあの頃と変わっているのはやっぱりみんなの関係がぐんぐんと深まっているからだなと思います。

 

Ask随時受け付けていますのでど〜ぞよしなに😽

ではでは!赤ペン先生ラニーナでした🎨

ドリライ楽しむぞ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜🎾🎤!!!

 

▽Ask.me

ask.fm

 

今月の赤ペン先生💮

(〜初期サー氷)座談会vol.1〜vol.2

www.tennimu.com

 

www.tennimu.com

 

(中期サー氷〜)「その瞬間!氷帝メンバーの、、ここにフォーリンラブ!!!」

presented・by 小早川俊輔

 

あおとくん

テニミュブログ 3rd|その瞬間!氷帝メンバーの、、ここにフォーリンラブ!!!

いくみん

テニミュブログ 3rd|「その瞬間!氷帝メンバーの、、 ここにフォーリンラブ!!!」

さっくん

テニミュブログ 3rd|「その瞬間!氷帝メンバーの、、 ここにフォーリンラブ!!!」

あきよしくん

テニミュブログ 3rd|「その瞬間!氷帝メンバーの、、 ここにフォーリンラブ!!!」

やまさん

テニミュブログ 3rd|「その瞬間!氷帝メンバーの、、 ここにフォーリンラブ!!!」

たむたむ

テニミュブログ 3rd|「その瞬間!氷帝メンバーの、、 ここにフォーリンラブ!!!」

しょ〜くん

テニミュブログ 3rd|「その瞬間!氷帝メンバーの、、 ここにフォーリンラブ!!!」

みうらくん

テニミュブログ 3rd|「その瞬間!氷帝メンバーの、、 ここにフォーリンラブ!!!」

 

 

*1:ドルステは演者は演じているキャラクター(アイドル)の"ファン"という暗黙の設定的な了解がある。暗黙の了解的な設定がある。

*2:17歳の女子高生としてアクマの王子と恋に落ちているみうらくんを観れるのはダンデビだけ!(これか〜〜〜!)

*3:【猫ひたリレー・水】三上真史「猫のような番組に…」 | ニュースウォーカー

*4:きゅるんはせいぎだ - ごめんねジュビリー

*5:

*6:タイプミス。記念に残しております。ご了承ください(???)

*7:

うつみあきよしくんお誕生日おめでとう - ごめんねジュビリー

ドーナッツと四代目 サー氷 Brothersについて - ごめんねジュビリー

生き急ぐ三浦宏規くんが観れるのは今夏!〜ライブ・インパクト「進撃の巨人」によせて〜 - ごめんねジュビリー

メラメラトライアングルは某ドラマをもじってカルテットになりました🔥

トライアングルも並立します!ウケる!